新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTの試作に適したオープンソースのコントローラボード「Danyboard M0」

IoTの試作に適したオープンソースのコントローラボード「Danyboard M0」がKickstarterに登場した。リチウムポリマー(Li-Po)バッテリーの充電回路を備えているため、充電式IoTデバイスの作製などに使える。

Danyboard M0は26×63mmの基板に、ARM Cortex M0+(48MHz)プロセッサ、32KBのSRAM、256KBのフラッシュメモリ、Wi-Fi、microSDリーダーを実装。入出力装置として、20個のデジタル入出力(PWM10チャネル)、6個のアナログ入力、1個のアナログ出力を搭載する。

同製品は電源にシングルセルの3.7VLi-Poバッテリーを採用。バッテリーはUSBポート(micro Type-B)経由で充電できる。一方、USBポートはホスト機能に対応しているため、キーボードやマウスを接続することが可能だ。

また、Danyboard M0はArduino IDEでプログラミング可能。「Blynk」のようなサービスを使えば、スマートフォンからリモートコントロールできる。

Danyboard M0は2016年11月26日までクラウドファンディングを実施。10月31日時点では、目標額の2000ユーロ(約23万円)に対して、約970ユーロ(約11万円)以上を集めている。

販売価格は30ユーロ(約3500円)。出荷は2017年1月の予定で、日本への送料は12ユーロ(約1400円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る