新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ヴェルト、ウェアラブル製品向けの睡眠判定アルゴリズムを国立精神・神経医療センターと共同開発

活動量センサを備えたスマートウォッチなどの開発/販売を手掛けるヴェルトは、腕時計/リスバンドなど手首に装着するタイプのウェアラブル製品向けに、国立精神・神経医療センターと共同で、睡眠量や睡眠の状態を正確に計測するアルゴリズムの共同開発を開始した。

今回共同開発するアルゴリズムは、国立精神・神経医療センター三島和夫博士の睡眠学の成果に基づいて、センサで検知した腕の動きと測定した脳波を解析することで、高い精度で睡眠状態の判定ができるようになることを目指すものだ。また、覚醒時には活動量を正確に記録し、入眠と覚醒にタイミングも自動的に検出できるようにする。

同社によると、低消費電力の回路も併せて設計し、この回路とアルゴリズムを組み込んだソフトウェアをウェアラブル製品に搭載して販売する予定だ。また他社へのOEM供給も行うとしている。

同社ではまた、企業向けに従業員の過労やストレス状況を把握する手段としてのアプリケーション提供も視野に入れている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る