新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高剛性フレームでしっかり心地よい切削を——デスクトップ型CNCフライス組み立てキット「KitMill RZ300/420」

個人でも入手できる価格帯で高品質のデスクトップ型CNC切削加工機などを手掛けるオリジナルマインドは、デスクトップ型CNCフライス組み立てキット「KitMill RZ300/420」を発売する。

KitMill RZ300/420は、カバー類の簡単な取り外しが可能で、旧モデル(RD300/420)に比べてメンテナンス性が改善されている。また、サイドフレームの構成変更が変更され、スピンドルの垂直度もシムなどで微調整できるようになった。

RD300/420ではオプションだった3段プーリーを標準採用したことで、材料や刃物に合わせてスピンドル回転数を3400/5600/10000rpmの3段階に切り換えられる。送り速度は毎秒30mm、分解能は1.25μmで、旧モデルから変更はない。

オプションの「100Wスピンドル化セット」に換装すれば、ボリュームのある加工物もより短時間で切削でき、木材のような固さが均一でない素材でも安定して加工できるとしている。

取り付け可能高さは10mm拡張されており、さらにオプションの「延長サイドフレーム」に換装すれば、最大102mmの高さの素材の取り付けも可能になる。

また、従来型集塵マウントに加え、小型集塵ユニットや大型集塵ユニットなど、さまざまな切りくず対策オプションが用意されている。

テーブルサイズが220×300mmのKitMill RZ300の価格は35万8000円、200×420mmのKitMill RZ420の価格は42万8000円(価格は何れも税込)。販売開始は11月末の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る