新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ブロックを差すだけで指示どおりに動く学習ロボット「PETS」、先行予約販売を開始

遊びながら“プログラミング脳”を鍛えられる木製学習ロボット「PETS」の先行予約販売が始まった。特設ページから11月30日まで申し込みを受け付ける。

PETSは箱型のロボット。「前進」「後退」「右回転」「左回転」「繰り返し」という5種類のブロックを筐体の上面に差し込み、スタートボタンを押すだけでブロックで指示したとおりに動き出す。充電不要で、単三電池4本で稼働する。

ネットワークに接続せずとも、PCやタブレット端末などを使わなくとも、ブロックを差すだけで動き方をプログラミングできる。直感的に操作させることで子供にプログラミングの楽しさを体感させ、「順次処理」「反復処理」「分岐処理」というプログラミングに必要な3つの基礎力を身に付けさせる狙いがある。

PETSの開発元はデザイニウム。同社から出資を受けたfor Our Kidsが販売する。for Our Kidsは以前から、子供たちがプログラミングを楽しんで学べるようにワークショップを開催。教材としてPETSを利用していたところ、「発売はいつなのか」「どこで購入できるのか」といった問い合わせが多数寄せられたことから、製品として販売する運びとなった。

本体と部品類、PETS P1001_シーケンシャル・ループ・分岐カリキュラムセットを合わせたPETS(組立KIT)と、組み立てまで済ませたPETS(完成版)を先行販売する。価格はPETS(組立KIT)が2万5000円(税別)、PETS(完成版)が2万8000円(税別)。送料は650円からとなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  2. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. カスタムパーツやゲームキャラを自宅の3Dプリンターで——Prusa Research、さまざまなブランドと提携し3Dファイルを公開
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る