新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi 3を産業用途に耐えるよう堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」

ビズライト・テクノロジーは、Raspberry Pi 3 Model Bを使ったIoTゲートウェイ「BH3」を発売した。

BH3を含むBHシリーズは、Raspberry Piを産業用に利用できるよう堅牢化を図った製品群。2015年6月の「BH1」発売に始まり、2015年11月には「Raspberry Pi 2」を使用した「BH2」を発売した。BH3は、「Raspberry Pi 3 Model B」をベースにした最新モデルとなる。

BHシリーズの堅牢化機能のひとつとして、電源断時の正常シャットダウン機能が挙げられる。Raspberry PiはOSがLinuxベースなので、正常なシャットダウンプロセスを実行しないと、OSのクラッシュやSDカードの故障などを招く恐れがある。BHシリーズは、大容量のコンデンサによって電源断からおよそ30秒間動作するように設計してきており、BH3にも同機能を実装。Raspberry Pi 3がRaspberry Pi 2と比較して消費電力が増大していることを受け、それに対応できるように回路を変更している。

その他にも、時計機能(RTC)の追加、ピンヘッダを使った5V電源のダイレクト供給、放熱デバイスを装着することによる放熱対策の強化、耐ノイズ性能の向上などの堅牢化が施されている。

BHシリーズの利用領域としては、デジタルサイネージ向けSTB、モニタリングシステム用表示端末、農業用監視・警報システムなどが想定されている。

BH3の価格はオープン。11月16~18日にパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2016 組込み総合技術展」で展示する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る