新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi 3を産業用途に耐えるよう堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」

ビズライト・テクノロジーは、Raspberry Pi 3 Model Bを使ったIoTゲートウェイ「BH3」を発売した。

BH3を含むBHシリーズは、Raspberry Piを産業用に利用できるよう堅牢化を図った製品群。2015年6月の「BH1」発売に始まり、2015年11月には「Raspberry Pi 2」を使用した「BH2」を発売した。BH3は、「Raspberry Pi 3 Model B」をベースにした最新モデルとなる。

BHシリーズの堅牢化機能のひとつとして、電源断時の正常シャットダウン機能が挙げられる。Raspberry PiはOSがLinuxベースなので、正常なシャットダウンプロセスを実行しないと、OSのクラッシュやSDカードの故障などを招く恐れがある。BHシリーズは、大容量のコンデンサによって電源断からおよそ30秒間動作するように設計してきており、BH3にも同機能を実装。Raspberry Pi 3がRaspberry Pi 2と比較して消費電力が増大していることを受け、それに対応できるように回路を変更している。

その他にも、時計機能(RTC)の追加、ピンヘッダを使った5V電源のダイレクト供給、放熱デバイスを装着することによる放熱対策の強化、耐ノイズ性能の向上などの堅牢化が施されている。

BHシリーズの利用領域としては、デジタルサイネージ向けSTB、モニタリングシステム用表示端末、農業用監視・警報システムなどが想定されている。

BH3の価格はオープン。11月16~18日にパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2016 組込み総合技術展」で展示する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る