新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi 3を産業用途に耐えるよう堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」

ビズライト・テクノロジーは、Raspberry Pi 3 Model Bを使ったIoTゲートウェイ「BH3」を発売した。

BH3を含むBHシリーズは、Raspberry Piを産業用に利用できるよう堅牢化を図った製品群。2015年6月の「BH1」発売に始まり、2015年11月には「Raspberry Pi 2」を使用した「BH2」を発売した。BH3は、「Raspberry Pi 3 Model B」をベースにした最新モデルとなる。

BHシリーズの堅牢化機能のひとつとして、電源断時の正常シャットダウン機能が挙げられる。Raspberry PiはOSがLinuxベースなので、正常なシャットダウンプロセスを実行しないと、OSのクラッシュやSDカードの故障などを招く恐れがある。BHシリーズは、大容量のコンデンサによって電源断からおよそ30秒間動作するように設計してきており、BH3にも同機能を実装。Raspberry Pi 3がRaspberry Pi 2と比較して消費電力が増大していることを受け、それに対応できるように回路を変更している。

その他にも、時計機能(RTC)の追加、ピンヘッダを使った5V電源のダイレクト供給、放熱デバイスを装着することによる放熱対策の強化、耐ノイズ性能の向上などの堅牢化が施されている。

BHシリーズの利用領域としては、デジタルサイネージ向けSTB、モニタリングシステム用表示端末、農業用監視・警報システムなどが想定されている。

BH3の価格はオープン。11月16~18日にパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2016 組込み総合技術展」で展示する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  6. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  7. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  8. 119の“しかけ”をめくってプログラミングを学ぶ——「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」発刊へ
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る