新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コーヒー豆や水の量、抽出時間などをアプリで把握できるスマートコーヒーメーカー「GINA」

コーヒー豆と水の正確な分量のほか、抽出時間などをスマートフォンのアプリ経由で教えてくれるスマートコーヒーメーカー「GINA」がKickstarterで注目を浴びている。

GINAは、セラミック製ドリッパ、調整バルブ、耐熱ガラス製ピッチャー、デジタルスケール(デジタル式のはかり)から成るコーヒーメーカー。1台でハンドドリップ(透過法)、イマージョン(浸漬法)、水出しといった3種類のコーヒーの入れ方に対応している。

コーヒーを上手に入れるには豆と水の比率が重要だが、GINAの場合は簡単に把握できる。Bluetoothでスマートフォンと連動するデジタルスケールが、ドリッパに入れた豆と水の正確な量を専用アプリ経由でリアルタイムに教えてくれるからだ。

またGINAでは、調整バルブで滴下速度を設定しておくと、コーヒーが入れ終わるまでの時間を専用アプリで把握できる。さらに、デジタルスケールのバッテリー残量も専用アプリでチェック可能。デジタルスケールは1回充電すると、80時間使用できる。

GINAは2016年12月17日までクラウドファンディングを実施する。11月18日時点では、目標の5万ドル(約550万円)を大きく上回る約33万ドル(約3600万円)を集めている。

早期割引適用価格は160ドル(約1万8000円)。出荷は2017年4月の予定で、日本への送料は50ドル(約5500円)だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る