新しいものづくりがわかるメディア

RSS


全国の小中学生137人が競う——第16回芝浦工大ロボットセミナー全国大会を開催

芝浦工業大学は11月20日、小中学生による「第16回芝浦工業大学ロボットセミナー全国大会」を開催する。全国各地で開催されたロボットセミナー競技会の上位入賞者が集い、デザインコンテストと競技会に臨む。

芝浦工業大学 地域連携・生涯学習センターでは、ロボットのメカニズムを通した工学基礎知識の習得や、独自の教材ロボットを使用した「少年少女ロボットセミナー」を2000年から全国で開催している。同セミナー競技会の上位入賞者による全国大会を毎年11月に実施。今回は16回目の開催となる。

2015年11月〜2016年10月に全国33カ所で実施したロボットセミナーの競技会で、上位に入賞した小学1年生から中学3年生までの137人が参加。ロボットのデザインや機能で技を競う。

コンテスト/競技は「ビートル」「ボクサー」「スパイダー」の3機種に分けて実施する。来場者投票による機種ごとのデザインコンテストの後、ビートル(小学1~3年)は障害物競走、ボクサー(小学4~6年、中学生)はロボット相撲、スパイダー(小学4~6年、中学生)はピンポン玉運搬競技を行う。

会場は同大学芝浦キャンパスで、開会は11時だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  2. 1個のセンサーでスマートハウスを実現——IoT向け統合センサーデバイス「Synthetic Sensors」
  3. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  6. 電源強化しRaspberry Pi 3に対応——電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi 2」
  7. 千葉大、世界初となる光でほどける「らせん状人工ナノ線維」の開発に成功
  8. kickstarter、日本発のプロジェクト立ち上げへの対応を発表
  9. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  10. レーザー加工機を完全室内運用できる——小型集塵脱臭機「MIRUKU」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る