新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートフォンを認識して自動解錠——スマートロックを採用したIoTドアノブ「AMADAS」

ソフトバンクは、消費者参加型プラットフォーム「+Style」にて、スマートフォンで鍵を開けられるIoTドアノブ「AMADASスマートドアロック」の販売を開始した。

AMADASは、スマートロックを採用したドアノブ。専用アプリでオートロック機能を設定しておくと、あらかじめ登録されたスマートフォンをBluetooth経由で認識して解錠する。ユーザーが一定の距離に近づいたときに自動的に作動するため、スマートフォンを取り出す必要はない。

スマートフォンをどこかに忘れた場合は、ドアレバー上部のキーパッドから暗証番号を入力して解錠できる。ドアノブ全体がステンレススチール製なので、暗証番号入力時に指紋が残らず防犯対策になる。また、防水加工を施し結露を防止。酸化や腐食が進みにくいという。

AMADASは、市販のほとんどのドアノブタイプに対応。TUBULARタイプ、MORTISEタイプ、ハイブリッドタイプで設置可能だ。レバーの稼働領域を設定できるので、右側にも左側にも設置できる。

単3電池2本で1年間動作する。万が一電池が切れても、AMADASドアロックに搭載の小型太陽熱板に、懐中電灯やスマートフォンのライトを照射すると20秒以内に非常充電し、暗証番号で開錠可能となる。販売価格は4万2000円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  3. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  4. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  5. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  6. クモの糸に匹敵——強度と靭性を兼ね備えた軽量ポリマー繊維を開発
  7. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩
  8. IoTBASE、次世代LPWAN通信規格「ZETA」に対応したIoTトライアルパック提供開始
  9. 超広角カメラを内蔵——Makeblock、デスクトップ型レーザーカッター「Laserbox」の国内販売を開始
  10. シンプルな構造で組み立て簡単——Arduino搭載のミニロボットアームキット「LittleArm V3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る