新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートフォンを認識して自動解錠——スマートロックを採用したIoTドアノブ「AMADAS」

ソフトバンクは、消費者参加型プラットフォーム「+Style」にて、スマートフォンで鍵を開けられるIoTドアノブ「AMADASスマートドアロック」の販売を開始した。

AMADASは、スマートロックを採用したドアノブ。専用アプリでオートロック機能を設定しておくと、あらかじめ登録されたスマートフォンをBluetooth経由で認識して解錠する。ユーザーが一定の距離に近づいたときに自動的に作動するため、スマートフォンを取り出す必要はない。

スマートフォンをどこかに忘れた場合は、ドアレバー上部のキーパッドから暗証番号を入力して解錠できる。ドアノブ全体がステンレススチール製なので、暗証番号入力時に指紋が残らず防犯対策になる。また、防水加工を施し結露を防止。酸化や腐食が進みにくいという。

AMADASは、市販のほとんどのドアノブタイプに対応。TUBULARタイプ、MORTISEタイプ、ハイブリッドタイプで設置可能だ。レバーの稼働領域を設定できるので、右側にも左側にも設置できる。

単3電池2本で1年間動作する。万が一電池が切れても、AMADASドアロックに搭載の小型太陽熱板に、懐中電灯やスマートフォンのライトを照射すると20秒以内に非常充電し、暗証番号で開錠可能となる。販売価格は4万2000円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  2. Intel、自社のIoT戦略を支えてきた開発ボード「Galileo」、「Edison」、「Joule」の生産中止を発表
  3. 造形サイズ1立方メートル超——大型FFF方式3Dプリンター「BigRep ONE」国内販売開始
  4. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  5. HP初の産業用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」シリーズ、国内8月発売
  6. 1000円以内で21世紀のてるてる坊主を作ってみよう!
  7. 新技術と伝統工芸でハイテクおみやげを作る——メ~テレのハッカソンイベント「メイキン クエスト」6月22日オンエア
  8. ソケットに差し込むだけでセキュリティシステムができる——Wi-Fi対応カメラ内蔵LEDライト「Tovnet」
  9. ノバルス、乾電池型IoT機器「MaBeee」用アプリ「MaBeee Racing」と「MaBeee Train」をリリース
  10. スリーエム ジャパン、「3M 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」に面積2.3倍の大判サイズと10枚入りタイプを追加

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る