新しいものづくりがわかるメディア

RSS


学生国際ロボットコンテスト「WRO2016インド国際大会」、日本の高校生チームが金メダル/銅メダル獲得

インドのニューデリーで開催された世界最大級の学生国際ロボットコンテスト「WRO2016インド国際大会」で、日本代表チームは見事に金メダルと銅メダルを獲得した。

WRO(World Robot Olympiad)は、シンガポールサイエンスセンターの発案で2004年に始まった国際的なロボット競技大会だ。世界中の小学生から高校生までを対象に、科学技術を身近に体験できる場を提供し、創造性と問題解決力を育成することを目的とする。2014年のWROソチ国際大会では、47の国と地域から約400チームが参加している。

2016年大会は11月25~27日の3日間、インドのニューデリーで開催され、日本からはWRO Japan決勝大会を勝ち抜いた代表13チームが参戦した。

金メダルを受賞したチーム「YTHS Orange Ⅴ」(愛媛県立八幡浜工業高等学校) 金メダルを受賞したチーム「YTHS Orange Ⅴ」(愛媛県立八幡浜工業高等学校)
銅メダルを受賞したチーム「KASHII WPC」(福岡県立香椎工業高等学校) 銅メダルを受賞したチーム「KASHII WPC」(福岡県立香椎工業高等学校)

そして、自律型ロボットのプログラミング制御を競うレギュラーカテゴリーの高校生部門で、愛媛県立八幡浜工業高等学校の「YTHS Orange Ⅴ」が金メダルに輝いた。また、テーマに沿って製作したロボットを発表するオープンカテゴリー高校生部門では、福岡県立香椎工業高等学校の「KASHII WPC」が銅メダルを獲得した。

今回の世界大会では日本チームは好成績を収め、金メダル、銅メダル以外でも、レギュラーカテゴリー小学生部門で1チーム、同高校生部門で1チーム、オープンカテゴリー高校生部門で1チームが入賞を果たしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ツーリングをより安全・快適に——バイク用スマートヘルメット「TALI」#CES2020
  2. 知識や経験なしでも出来たてビール造りを楽しめるスマート醸造機「INTHEKEG」 #CES2020
  3. オーム社、「APIではじめるディープラーニング・アプリケーション開発 Google Cloud API活用入門」発刊
  4. バッテリー不要のコンピューター入力デバイスを開発——親指で人差し指側面をタップするだけ
  5. はんだ付けをアートに——「はんだ付けアートコンテスト2019」の入賞作品を発表
  6. DJ用の機材にまで進化し続けたポータブルレコードプレーヤー「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER GP-3B」
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  9. 日本3Dプリンター、多様化するニーズに応じフィラメントを拡充するプログラムを開始
  10. 赤外線カメラから身を隠す——通常の熱放射現象を覆すコーティング材料を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る