新しいものづくりがわかるメディア

RSS


約2000人の学生がロボットプログラミングを競う「WRO 2016」国内予選会開催

ロボットプログラミングの腕を競う国際ロボットコンテスト「WRO(World Robot Olympiad)2016」の国内予選会が、夏休みに合わせて全国34カ所で順次開催される。今年は約2000人の小中高大生が参加予定だ。

WROは、2004年にシンガポール国立サイエンスセンターの提案により始まった、自律型ロボットによる国際コンテストだ。競技は、大会指定のロボットキット(レゴマインドストームEV3/NXT)を使い、部門ごとに決められたミッションに挑戦する「レギュラーカテゴリー」と、与えられたテーマに沿って自由にロボットを作成する「オープンカテゴリー」、対象を17才以上の学生とする「アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ」がある。

大会参加チームは参加者2~3名にコーチ1名で編成。レギュラーカテゴリーは小学生部門、中学生部門、高校生部門に分かれ、各地区予選があり、オープンカテゴリーはビデオ審査により選出、アドバンスド・ロボティクス・チャレンジは別日程でJapan決勝大会からの参加となる。

2014年にロシアのソチで行われた第11回大会では、奈良教育大付属中がオープンカテゴリーの中学生部門で金メダルの栄冠に輝いた。2015年は約50の国と地域から約2万チームが参加する規模となっている。

大会を主催するNPO法人WRO JAPANは、予選会で選抜されたチームを集め、9月18日にBumB東京スポーツ文化館にて「WRO JAPAN決勝大会」を開催する。そこで優秀な成績を収めたチームは日本代表として、11月25~27日にインドのニューデリーで開催されるWRO国際大会に出場する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る