新しいものづくりがわかるメディア

RSS


留守宅のワンちゃんの遊び相手になります——ボール型ロボット「KOKOMI」

GOMIは、ペットの遊び相手になるボール型ロボット「KOKOMI (ココミ)」を限定発売した。

KOKOMIは、設定時間がくると自動で動き出す機能があり、留守番をしている室内犬向けの玩具になるロボットだ。

直接操作を必要とせず、事前に設定した時間に自動で起動し、犬の遊び相手になり、運動不足を解消したり、心理状態を安定させたりするなどの効果があるという。

動くボールを追いかけるだけでなく、噛むと震えたり光ったりするなどアクションを起こすため、ペットの好奇心を刺激するさまざまな遊び方ができる。開発元によれば、ボール本体は、シェパードの噛む力195PSIにも耐えるとしている。また、専用スマートフォンアプリ「FriendsBot App」で遠隔操作をできるようにバージョンアップする予定で、飼い主が操作しながら一緒に遊ぶこともできるようになるという。

ボール本体のサイズは62×62mmで重さが79g。水深1mで30分間内部に浸水しない防水性能(IPX-7)を備える。リチウムイオンポリマ電池内蔵で、専用チャージャによる非接触充電により4時間でフル充電、約15時間稼働する。通信方式はBluetooth4.0、アプリはAndroid 4.3/iOS 6 以上に対応する。1年の製品保証がついている。

色はレッド、オレンジ、ブルーから選択でき、価格は1万1800円(税込み)、2017年1月までの数量限定販売で、出荷は3月末を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る