新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サイレックス、産業温度でも動作する802.11ac対応無線LANモジュール「SX-SDMAC」を量産出荷

サイレックス・テクノロジーは、IEEE 802.11ac/a/b/g/nとBluetooth4.1BR/EDR/LEに対応するSDIOタイプの無線LANコンボモジュール「SX-SDMAC」について、日本、アメリカ、ヨーロッパで量産出荷を開始した。

2014年1月に承認された無線LAN規格「IEEE 802.11ac」対応のインフラ整備が進んでいる。同社は-40~+85℃の産業温度でも動作するSX-SDMACを提供することで、医療機器や産業機械、オフィス機器などでの802.11ac対応を支援したい考えだ。

SX-SDMACはQualcomm Atheros製QCA9377チップセットを採用。表面実装タイプ2種類、コネクタタイプ、SDカードタイプという計4種類の形態が用意されている。

医療機器や産業機械用の品質基準に基づいたLinux対応無線LANドライバのバイナリとソースコードのライセンスも提供する。さらに802.1Xエンタープライズセキュリティ、CCXサプリカント、Bluetoothプロファイルについても、オプションでのライセンス提供が可能となっている。

同社はSX-SDMACとサイレックス製の802.11ac対応親機アクセスポイント「AP-500AC」や外付け子機ワイヤレスブリッジ「BR-310AC」を組み合わせることで、無線LANの接続品質を高め、製品開発にかかる期間を短縮できるとうたっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る