新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アルゴリズムの基本を学ぼう——「楽しく学ぶ アルゴリズムとプログラミングの図鑑」発刊

マイナビ出版は、「アルゴリズムの意味」を豊富なイラストや図でやさしく解説する入門書「楽しく学ぶ アルゴリズムとプログラミングの図鑑」を発刊した。学んだアルゴリズムに関する8種類のプログラミング言語を使い、体験を通じて学ぶことができる。

「楽しく学ぶ アルゴリズムとプログラミングの図鑑」は、アルゴリズムに苦手意識を持っている人や、プログラム設計の初歩を理解したい人のために書かれた一冊だ。本書ではアルゴリズムの概念を、「問題を解決するための考え方」と定義し、「このアルゴリズムは、どんな考え方で問題を解こうとしているのか?」や「この手順は、何をしようとしているのか?」など、アルゴリズムの意味に注目するところから入る入門書となっている。

アルゴリズムの基本が理解できたら、次にアルゴリズムを実際にプログラミング言語で記述することでさらに理解を深めていく。第4章では簡単なアルゴリズムとして、合計値や平均値などを算出するアルゴリズムを例題に、設計手順、フローチャートを作成し、そのサンプルコードを解説する。

例として扱うのはJavaScript、PHP、C、Java、Swift、Python、BASIC、Scratchの8言語で、同じアルゴリズムが各言語でどう表現されるのかが理解しやすく書かれている。8言語のサンプルプログラムが用意されており、それぞれの言語の特徴/違いなどの理解にも有用だろう。

著者は森巧尚氏とまつむらまきお氏(イラスト)。B5変形判300ページ、価格は印刷版/電子版とも2689円(いずれも税込み)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  5. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  6. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. 第8回 慶應SFC研究所 高大連携教育WG、奈良県立高で「つくりかたの未来講座」を開催——STEM手法で生徒の創造性を引き出すワークショップ
  9. 押しボタンの奥深い世界——押下の正確性を向上するシミュレーションを開発
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る