新しいものづくりがわかるメディア

RSS


足のスキャンデータから3Dプリンタで木型作製するフルオーダーメイドパンプス発売

ミリメーターは、足を3Dスキャンしそのデータを基に3Dプリンタで木型を作成する、フルオーダーメイドのパンプスの販売を、2017年1月18日から市ヶ谷の自社オフィス併設の「シューズカフェ」にて開始する。

ミリメーターは、最先端テクノロジーを婦人靴づくりに応用することで手軽にオーダーメイド靴を作製することを目指すベンチャー企業だ。2年近い研究開発の結果、今回のフルオーダーメイド靴の販売に至った。

ヒールがあり靴紐による調整ができないパンプスは、靴のオーダーメイドの中でも難易度が高いと言われている。骨の形状から腱膜の構造を科学的に解析し、一人ひとりの足の特徴を木型に反映させる技術を用いることで高度なフィット感を提供できるようになった。

従来のオーダーメイド靴は、靴職人の工房に出向いて足を計測、職人が手作業で木型を作ってから靴を製造するという工程が必要であったために、完成までには2ヶ月程要することもあった。今回の方法では、足の計測と木型作製をデジタル化することで完成までの期間を大幅に短縮することができる。さらに計測データを保存しておくことで、いつでも自分に合った靴のオーダーができるというメリットもある。

技術顧問の酒井満夫氏(写真中央) 技術顧問の酒井満夫氏(写真中央)

靴づくりに関しては、バレーシューズメーカー「チャコット」のシューズアドバイザーを勤める酒井満夫氏を技術顧問に招き、品質の担保と職人の指導を担う。

価格は8万円からで、現在プレオープンしたシューズカフェで先行予約を受け付けている。

今後は、蓄積されていく足と靴の相関データをAIで解析し、AIとIoTキットを使って木型作製を完全自動化することで、さらにオーダーメイド靴のコストダウンを図ることを目指す。

また同社では、靴職人を目指す学生などに靴づくりの設備を提供したり、自分の靴を作りたい女性向けの教室を開くなど、靴づくりの将来を担う職人の育成や雇用の拡大にも力を入れていく予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  3. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  4. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  5. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. Raspberry Pi CM3/3Liteに対応——Raspberry Pi用キャリアボード「RPi-CM3MB」シリーズ
  9. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  10. 語学用という名目でラジカセを楽しめた昭和のLL学習マシン 「SONY FM/AM RADIO CASSETTE-CORDER CF-1765」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る