新しいものづくりがわかるメディア

RSS


光で方角を示してくれるナビゲーションデバイス「Compass Stone」

本体に内蔵するLEDが光って目的地の方角を教えてくれる、ナビゲーションデバイス「Compass Stone」がKickstarterに登場した。

photo

Compass Stone は、本体内に放射状に配置された12個のLEDが点灯することで進むべき方向を示してくれるデバイスだ。目的地のセットはWi-Fi/モバイルネットワークで接続したスマートフォンの専用アプリで行うが、登録が完了すればあとはCompass Stoneだけで目的地までナビゲーションし、目的地に近づくとLEDが点滅、到着すると本体の周囲を回転しながら点灯する。

photo

本体形状は、たまご型のナチュラルなデザインを取り入れ、周囲のカーブ面に配置されたLEDは歩きながらでも容易に確認できるので、スマートフォンの画面を凝視しながら歩く必要はない。また、移動していないときには時計モードになり、点灯するLEDが時計の時針を、点滅するLEDが分針を示してくれる。

本体サイズは32×60×48mmで、重さ40g。使用可能温度は-5~45℃とのことだ。

photo

開発元は日本発のスタートアップであるYEAAH。同社は、Compass Stoneは目的地の方向だけの情報に絞ることで、移動者の意識を占有する割合を低減し、歩きながら周りの状況を楽しめる余裕が生まれる、とそのコンセプトを説明している。

photo

Compass Stoneは2017年1月31日までクラウドファンディングを実施。12月14日時点では、目標額の4万5000ユーロ(約551万円)に対して、約2000ユーロ(約24万5000円)を集めている。

12月16日まで、販売予定価格から40%オフの早期割引適用分が89ユーロ(約1万900円)で入手できる。出荷は2017年7月の予定で、送料10ユーロ(約1220円)で日本への出荷にも対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る