新しいものづくりがわかるメディア

RSS


工業グレードの精度と堅牢性、金属製の普及型3Dプリンタ「StrongArm」

金属製の普及型3Dプリンタ「StrongArm」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

StrongArmは、工業グレードの精度と堅牢性を持つFFF(熱溶融積層)方式の3Dプリンタ。特に堅牢性には自信があるようで、Kickstarterにはプリントヘッドに4Kgの重りを付けてプリントする様子などがアップされている。

大きさは419×381×520 mmで、重量は15kg。最大造形サイズは250×310×218mm、最小積層ピッチは0.04mm、最大造形速度は150mm/秒だ。フィラメントはPLA、ABS、PVA、HIPなどが使える。

開発元は今回、シングルエクストルーダ搭載モデルだけでなく、デュアルエクストルーダ搭載モデルも用意。後者のモデルでは当然、デュアルカラーやデュアルマテリアルでのプリントも可能だ。 

StrongArmは2017年1月12日までクラウドファンディングを実施。12月16日時点では、目標額の10万香港ドル(約150万円)に対して、約9400香港ドル(約14万円)を集めている。

早期割引適用価格は、シングルエクストルーダ搭載モデルが7800香港ドル(約12万円)で、デュアルエクストルーダ搭載モデルが9380香港ドル(約14万円)。出荷は2017年6月の予定だ。 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る