新しいものづくりがわかるメディア

RSS


本気のIoTプロダクトを支援——プロトタイピングなどをサポートする「DMM.make AKIBA Open Challange」募集開始

TAG

起業 IoT アクセラレータ

DMM.comは、IoTに関するアイデアのプロトタイピングやプロトタイプのブラッシュアップをサポートするプロジェクト「DMM.make AKIBA Open Challange」の参加者募集を開始した。

photo

DMM.make AKIBA Open Challengeは、IoTに関するアイデアや初期プロトタイプを、企業や投資家などに対するプレゼンテーションに利⽤できるクオリティになるまでレベルアップすることを目的としている。

photo

同プロジェクトには、IoTプロダクト開発を技術面、ビジネス面からサポートできる企業が参加し、審査会を経て各チームをサポートする「サポーター企業」が決まる。

photo
photo
photo

プロジェクト参加企業は現在、ニフティIoT デザインセンター、オートデスク、サーバーエージェント・クラウドファンディングの3社で、今後随時追加するとしている。

photo

DMM.make AKIBA Open Challengeへの応募資格だが、将来のビジネス化/起業などを⽬的とする本気のIoTプロダクトの開発を目指すチームであれば、個⼈/法⼈などチームの形態には制限はない。

photo

応募期間は2017年1月20日まで、応募はWEBフォームからで、書類選考後にサポーター企業に対するプレゼンテーションで採択するチームを決定する。各種サポートが受けられる採択期間は、2017年2月上旬~2017年5月上旬の予定。採択期間中はDMM.make AKIBAの施設「Base」と「Studio」を無料(機材利用料は有償)で利用することができる。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. トレーニング内容を自動的に記録——筋トレ用ウェアラブルデバイス「Delta Gloves」
  3. “落し物の専門家”が作った世界最小クラスの紛失物追跡タグ——MAMORIO
  4. Raspberry Piで電子工作を高機能化——「PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック」発刊
  5. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  6. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  7. ミニサイズのIoT実験ボードを含む「BLE静電容量式センサIoT開発キット」を販売開始
  8. 【カインズホーム presents】新社会人へのプレゼントに“お母さん等身大ハンガー”を作ろう!
  9. 9000ドルで買える産業グレードFFF方式3Dプリンタ「STACKER S2」
  10. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る