新しいものづくりがわかるメディア

RSS


本気のIoTプロダクトを支援——プロトタイピングなどをサポートする「DMM.make AKIBA Open Challange」募集開始

TAG

起業 IoT アクセラレータ

DMM.comは、IoTに関するアイデアのプロトタイピングやプロトタイプのブラッシュアップをサポートするプロジェクト「DMM.make AKIBA Open Challange」の参加者募集を開始した。

photo

DMM.make AKIBA Open Challengeは、IoTに関するアイデアや初期プロトタイプを、企業や投資家などに対するプレゼンテーションに利⽤できるクオリティになるまでレベルアップすることを目的としている。

photo

同プロジェクトには、IoTプロダクト開発を技術面、ビジネス面からサポートできる企業が参加し、審査会を経て各チームをサポートする「サポーター企業」が決まる。

photo
photo
photo

プロジェクト参加企業は現在、ニフティIoT デザインセンター、オートデスク、サーバーエージェント・クラウドファンディングの3社で、今後随時追加するとしている。

photo

DMM.make AKIBA Open Challengeへの応募資格だが、将来のビジネス化/起業などを⽬的とする本気のIoTプロダクトの開発を目指すチームであれば、個⼈/法⼈などチームの形態には制限はない。

photo

応募期間は2017年1月20日まで、応募はWEBフォームからで、書類選考後にサポーター企業に対するプレゼンテーションで採択するチームを決定する。各種サポートが受けられる採択期間は、2017年2月上旬~2017年5月上旬の予定。採択期間中はDMM.make AKIBAの施設「Base」と「Studio」を無料(機材利用料は有償)で利用することができる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. Raspberry PiでLinuxノートPCをつくろう——ノートPC自作キット「pi-top」
  3. 筋電義手からVRに進出したexiii——これまでに得たものと、これからのこと
  4. 驚異的な舞台セットの裏側が分かる「全員集合」セットデザイン展
  5. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  6. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  7. 通常のハイスペック3Dプリンタの4倍速で出力できるという光造形3Dプリンタ「B9 Core」
  8. Arduinoで愛車のデータを読み出そう——カスタマイズできるOBD2アダプタ「M2」
  9. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」
  10. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る