新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自転車の走行データを記録してスマートフォンに表示できる「RIDE-1」

コネクテッドハードウェアの企画と開発を手掛けるCerevoは、各種センサで捉えた自転車の走行データをスマートフォンに表示できるデバイス「RIDE-1」を発売した。

RIDE-1は、9軸センサ、温度センサ、気圧センサ、照度センサに加え、GPSを搭載。走行中のルートのほか、速度、自転車の傾き、斜度などのデータを記録する。また、スマートフォンとBluetoothで連携し、これらのデータをリアルタイムにスマートフォンに表示できる。

photo

さらに、スマートフォンの通信回線を利用し、各データをクラウド経由でリアルタイムに共有できる。複数のRIDE-1をグループ登録すれば、サイクリング中に仲間がどこを走っているかリアルタイムに確認することも可能だ。

RIDE-1は、フィットネス機器のワイヤレス接続通信規格として普及しているANT+に対応。そのため、外部のセンサの情報をRIDE-1に取り込める。取り込んだデータは、RIDE-1を通じてクラウド上で記録と閲覧ができる。

販売価格は2万4800円(税別)。Cerevoの直販サイト「Cerevo official store」にて購入可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る