新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自転車の走行データを記録してスマートフォンに表示できる「RIDE-1」

コネクテッドハードウェアの企画と開発を手掛けるCerevoは、各種センサで捉えた自転車の走行データをスマートフォンに表示できるデバイス「RIDE-1」を発売した。

RIDE-1は、9軸センサ、温度センサ、気圧センサ、照度センサに加え、GPSを搭載。走行中のルートのほか、速度、自転車の傾き、斜度などのデータを記録する。また、スマートフォンとBluetoothで連携し、これらのデータをリアルタイムにスマートフォンに表示できる。

photo

さらに、スマートフォンの通信回線を利用し、各データをクラウド経由でリアルタイムに共有できる。複数のRIDE-1をグループ登録すれば、サイクリング中に仲間がどこを走っているかリアルタイムに確認することも可能だ。

RIDE-1は、フィットネス機器のワイヤレス接続通信規格として普及しているANT+に対応。そのため、外部のセンサの情報をRIDE-1に取り込める。取り込んだデータは、RIDE-1を通じてクラウド上で記録と閲覧ができる。

販売価格は2万4800円(税別)。Cerevoの直販サイト「Cerevo official store」にて購入可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3D CADを活用したものづくりの核心に迫る——「Fusion 360 Masters」発刊
  2. 回路の製作や実験に役立つ——「基本電子部品大事典」発刊
  3. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  4. グラデ出力がきれい! 色表現豊かな3Dプリンター「ダヴィンチJr. 2.0 Mix」
  5. レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」
  6. 社会に求められるファブ施設とは——ものづくりから始まるコミュニティの在り方
  7. テクノロジー好き必見!AI・IoTなど注目の先端技術を無料でリッチに学べる体験型展示——TEPIA 先端技術館
  8. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る