新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTの原型“TRON”の生みの親、坂村教授が執筆した「オープンIoT—考え方と実践」発刊

パーソナルメディアは、IoTのパイオニアが先端技術の発想とその実際について語った書籍「オープンIoT—考え方と実践」を発刊した。

本書の編著者は東京大学大学院情報学環教授の坂村 健氏。IoTの原型となるオープンなコンピュータアーキテクチャ「TRONプロジェクト」を1984年に開始した人物だ。TRONは今でも、カメラ、モバイル端末、家電などの組み込みOSとして利用されている。

坂村氏は本書において、インターネットを介して、目的も問わずメーカーも問わず、機器同士がお互いに情報をやり取りできるという“オープン性”がIoTの本質だと主張。そして、オープンIoT実現のための哲学や考え方から説き起こし、フレームワークアーキテクチャからオープンIoTの具体的な実践までを解説する。

全7Chapter構成で、Chapter3とChapter4では、IoTのためのネットワーク技術やオープンデータ×オープンAPIなどを取り上げる。Chapter5以降は、IoT業界の最新動向、IoT住宅への応用、IoT時代の人材教育などについて語っている。

A5型判 並製で、全280ページ。販売価格は1500円(税抜)だ。

 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  2. 1個のセンサーでスマートハウスを実現——IoT向け統合センサーデバイス「Synthetic Sensors」
  3. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  6. 電源強化しRaspberry Pi 3に対応——電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi 2」
  7. 千葉大、世界初となる光でほどける「らせん状人工ナノ線維」の開発に成功
  8. kickstarter、日本発のプロジェクト立ち上げへの対応を発表
  9. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  10. レーザー加工機を完全室内運用できる——小型集塵脱臭機「MIRUKU」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る