新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTの原型“TRON”の生みの親、坂村教授が執筆した「オープンIoT—考え方と実践」発刊

パーソナルメディアは、IoTのパイオニアが先端技術の発想とその実際について語った書籍「オープンIoT—考え方と実践」を発刊した。

本書の編著者は東京大学大学院情報学環教授の坂村 健氏。IoTの原型となるオープンなコンピュータアーキテクチャ「TRONプロジェクト」を1984年に開始した人物だ。TRONは今でも、カメラ、モバイル端末、家電などの組み込みOSとして利用されている。

坂村氏は本書において、インターネットを介して、目的も問わずメーカーも問わず、機器同士がお互いに情報をやり取りできるという“オープン性”がIoTの本質だと主張。そして、オープンIoT実現のための哲学や考え方から説き起こし、フレームワークアーキテクチャからオープンIoTの具体的な実践までを解説する。

全7Chapter構成で、Chapter3とChapter4では、IoTのためのネットワーク技術やオープンデータ×オープンAPIなどを取り上げる。Chapter5以降は、IoT業界の最新動向、IoT住宅への応用、IoT時代の人材教育などについて語っている。

A5型判 並製で、全280ページ。販売価格は1500円(税抜)だ。

 

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. トレーニング内容を自動的に記録——筋トレ用ウェアラブルデバイス「Delta Gloves」
  3. “落し物の専門家”が作った世界最小クラスの紛失物追跡タグ——MAMORIO
  4. Raspberry Piで電子工作を高機能化——「PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック」発刊
  5. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  6. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  7. ミニサイズのIoT実験ボードを含む「BLE静電容量式センサIoT開発キット」を販売開始
  8. 【カインズホーム presents】新社会人へのプレゼントに“お母さん等身大ハンガー”を作ろう!
  9. 9000ドルで買える産業グレードFFF方式3Dプリンタ「STACKER S2」
  10. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る