新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ArduinoやRaspberry Piでマシンビジョンシステムを——小型でパワフルなスマートカメラユニット「JeVois」

4コアARMプロセッサを搭載し、簡単にマシンビジョンシステムが構築できるスマートカメラユニット「JeVois」がKickstarterに登場した。

photo

JeVois は、39×31×23mmと小型ながら、クアッドコア1.34GHz CPU「ARM-v7」、デュアルコアGPU「Mali-400」、256MB DDR3-1600RAMを搭載し、1.3MPカメラセンサのビデオイメージを処理できる性能を備えている。出力はMiniUSB2.0ポートからUSBカメラ出力として、あるいはシリアルポートから組み込み機器へと出力することができる。

photo

JeVoisの操作モードは「デモ/開発モード」、「テキストモード」、「前処理モード」の3つに分けられる。デモ/開発モードでは、例えばカメラが捉えたQRコードの画像をUSBポートから出力するとともに、QRコードから読み出した情報をシリアルポートに出力する。テキストモードはUSB出力を使わないモード、そして前処理モードがJeVoisを使って高機能なマシンビジョンシステムを構築するためのモードで、例えば内蔵するアルゴリズムで作成したエッジ検出イメージを、ホストコンピュータで後処理するための画像データとして出力することができる。

各モード/アルゴリズムは、ホスト側からカメラのフレームレートなどを選択することで切り換えているため、Raspberry Piを含むLinuxマシンではフル機能が利用できるが、PC/Mac/Androidでは現状デバイスコントローラ周辺に課題があるとのことだ。

photo ARイメージ作成例
photo 物体認識例
photo 自動運転用道路認識例

開発者によると、JeVoisはロボティクス教育の現場で使われるArduinoやRaspberry Piで利用できるシンプルなマシンビジョンシステムがないという課題 を解決するためにスタートしたプロジェクトだという。マシンビジョンの原理を理解し、応用しやすくするため、ビジュアルアテンション/数字の認識/QRコードやバーコードの認識とデコード/背景差分による動作物の検出など多数のアルゴリズムがGPLのオープンソースとして提供されている。JeVoisソフトウエアはC++で書かれており、Linuxでコンパイルできる。

JeVoisは2017年1月24日までクラウドファンディングを実施。12月27日時点では、目標額の5万ドル(約585万円)に対して、約5500ドル(約64万3500円)を集めている。

Microシリアルケーブル/MiniUSBケーブル/8GBのMicroSDカードが付属するビギナーズキットの販売予定価格は59ドル(約6900円)で、今なら早期割引適用分が55ドル(約6400円)で入手できる。出荷は2017年2月の予定で、送料15ドル(約1750円)で日本への出荷にも対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る