新しいものづくりがわかるメディア

RSS


壁を走るロボットのデジタルサイネージ搭載型「うおーるぼっとLED」、+Styleで販売開始

ソフトバンクの運営する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」は、ホワイトボードや冷蔵庫の扉などの壁面を走行できるデジタルサイネージ型ロボット「うおーるぼっとLED」の販売を開始した。Bluetooth LEに対応し、スマートフォンと連携して遠隔操作が可能。ホワイトボードなどに黒テープを貼り、センサで認識させて黒テープ上を自動走行させることもできる。

photo

うおーるぼっとLEDは、ソフトバンクが買収したARMの推進するIoT向けプラットフォーム「mbed」を採用。Webブラウザ上で自動走行の設定やLEDの表示方法などをプログラミングできる。mbed は専用ソフトのインストールが不要で、無料で使えるオンラインのマイコン開発環境。Webブラウザが使えれば、WindowsやmacOSを搭載のパソコンで利用可能だ。

Nordic nRF51822とNXP LPC11U35の2つのマイコンを搭載し、16×16ドットのマトリクスLED、microSDカードスロット、3軸加速度センサ、3軸ジャイロセンサ、回転数センサ、反射型フォトセンサ、超小型メタルギアドモータ、Li-Poバッテリなどを装備している。サイズは85×85×65mmで、重量は148g。本体裏面の磁石で壁に取り付いて垂直に走行可能で、逆さまの状態でも走行できる。

「うおーるぼっと」は、磁石を使って垂直と裏返し走行可能なロボットキットシリーズの名称。もともとはエンジニアの勝純一氏がお子さんのために作ったロボットキットシリーズで、製造・販売元はランニングエレクトロニクス。これまでにも「うおーるぼっとR4」、「うおーるぼっとmini」、「うおーるぼっとBLE」が制作されている。

対応するスマートフォンはiOS 7.1以上のiPhoneのみ。市販のUSB充電器、またはパソコンへのUSB接続で充電できる。遠隔操縦可能な距離は、見通し距離で10m程度となっている。

価格は2万7000円(税込)。製品出荷は2017年1月中旬以降となる。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  6. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  7. レーザー刻印機やCNC彫刻機に——1台3役の全金属製3Dプリンタ「Snapmaker」
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. 独SIEMENSの産業用IoTゲートウェイ、Arduinoストアでも販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る