新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デスクトップにおけるロボットアーム——汎用4軸ロボットアーム「Dobot Magician」

産業向けシミュレーションソフトウェア/ハードウェアの販売などを行っているTechShareは、教育/ホビー向けロボットアーム「Dobot Magician」を発売した。

photo

Dobot Magicianは、500gのペイロードと0.2mmの稼働精度を備える。アーム先端部のアタッチメントはネジ止めで簡単に交換でき、ホールド型のグリッパー以外にもいろいろなアタッチメントが用意されており、ロボットアームを使った幅広い実験ができる。

開発元は昨年11月に、Arduinoでコントロールするロボットアーム「Dobot」で、Kickstarterにてクラウドファンディングを実施、最終的に60万ドル(約6800万円)以上を集めることに成功し、話題となった。Dobot と同じく垂直関節型ロボットアームであるDobot Magicianは、この最新モデルという位置づけだ。

photo

制御ソフトウェアとして、Dobot Studioが付属する。初心者でも使いやすいよう、Dobot Magicianのアームを手で動かして動作を記憶させ、それを再現することができるハンドティーチング機能を備えている。もちろん、より複雑かつ精密な動作をさせるため、コードブロックによるビジュアルプログラミングにも対応している。プログラミング言語は、C++、C#、Python、javaなどをサポートする。

photo

また、13個の拡張I/Oポートを備えており、Raspberry PiやArduinoを接続してコントロールすることもできる。オリジナルの制御基板による動作実験にも最適だろう。遠隔操作に加え、2MBの内蔵メモリに制御を記憶させ、スタンドアロンで動作させることもできる。

photo

BasicとAdvanceのセットがあり、Basicセットには、Dobot本体とソフトウェア、アタッチメントとしてグリッパー、バキューム式サクションカップ(吸盤)、ペンキット、3Dプリントキットが付属し、Bluetoothモジュールが含まれる。

Advanceセットには、Basicセットに加えてレーザー刻印キットと、ジョイスティックコントローラキット、Wi-Fiモジュールが含まれる。

photo

価格は、Basicセットが12万8000円、Advanceセットが15万8000円(いずれも税別)で、同社直販サイトから購入できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る