新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ゲーム作りは青春だ——小中高生向けゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2017」開催

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、高校生/高専生(3年以下)、小中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2017」の募集要項を発表した。

photo

Unityインターハイは、高校生/高専生以下の学生を対象としてUnityおよびプログラミング技術の習得の奨励、および才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会だ。

photo

前回のUnityインターハイ2016では、全国の高校/高専および小中学校から135チームからのエントリーがあった。第4回となるUnityインターハイ2017では一部ルールを改定し、作品の開発テーマの指定がなく、自由なテーマで開発、応募できるようになった。またチームメンバーの人数制限も撤廃された。

スケジュールは、作品エントリー締め切りが2017年8月29日、作品提出が同年8月31日まで。9月中旬の一次審査、10月中旬の二次審査を経て、10月22日に東京秋葉原コンベンションホールでプレゼン発表という日程だ。

応募資格は、2017年度に在籍している高校生、高専生(3年以下)、中学生、小学生で、年齢制限は特にない。ただし学校対抗の大会のため、作品開発や応募、プレゼンは同じ学校に所属しているメンバーだけで構成する必要がある。

エントリーはUnityインターハイ2017公式Webサイトから受け付けている。

Unityインターハイ2016 Highlight Movie

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  2. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  3. DMM.make AKIBA名物「FRISKおじさん」とヘッドホン・アンプを作ってきた
  4. Raspberry Piを活用しよう——マイナビ出版、「ここまで作れる!Raspberry Pi 実践サンプル集」発刊
  5. 腕につけるだけで充電不要——キネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」
  6. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  10. コニカミノルタ、大阪工大との共同開発技術を利用した体臭測定ソリューション「Kunkun body」の先行販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る