新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ゲーム作りは青春だ——小中高生向けゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2017」開催

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、高校生/高専生(3年以下)、小中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2017」の募集要項を発表した。

photo

Unityインターハイは、高校生/高専生以下の学生を対象としてUnityおよびプログラミング技術の習得の奨励、および才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会だ。

photo

前回のUnityインターハイ2016では、全国の高校/高専および小中学校から135チームからのエントリーがあった。第4回となるUnityインターハイ2017では一部ルールを改定し、作品の開発テーマの指定がなく、自由なテーマで開発、応募できるようになった。またチームメンバーの人数制限も撤廃された。

スケジュールは、作品エントリー締め切りが2017年8月29日、作品提出が同年8月31日まで。9月中旬の一次審査、10月中旬の二次審査を経て、10月22日に東京秋葉原コンベンションホールでプレゼン発表という日程だ。

応募資格は、2017年度に在籍している高校生、高専生(3年以下)、中学生、小学生で、年齢制限は特にない。ただし学校対抗の大会のため、作品開発や応募、プレゼンは同じ学校に所属しているメンバーだけで構成する必要がある。

エントリーはUnityインターハイ2017公式Webサイトから受け付けている。

Unityインターハイ2016 Highlight Movie

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. トレーニング内容を自動的に記録——筋トレ用ウェアラブルデバイス「Delta Gloves」
  3. “落し物の専門家”が作った世界最小クラスの紛失物追跡タグ——MAMORIO
  4. Raspberry Piで電子工作を高機能化——「PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック」発刊
  5. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  6. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  7. ミニサイズのIoT実験ボードを含む「BLE静電容量式センサIoT開発キット」を販売開始
  8. 【カインズホーム presents】新社会人へのプレゼントに“お母さん等身大ハンガー”を作ろう!
  9. 9000ドルで買える産業グレードFFF方式3Dプリンタ「STACKER S2」
  10. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る