新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ゲーム作りは青春だ——小中高生向けゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2017」開催

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、高校生/高専生(3年以下)、小中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2017」の募集要項を発表した。

photo

Unityインターハイは、高校生/高専生以下の学生を対象としてUnityおよびプログラミング技術の習得の奨励、および才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会だ。

photo

前回のUnityインターハイ2016では、全国の高校/高専および小中学校から135チームからのエントリーがあった。第4回となるUnityインターハイ2017では一部ルールを改定し、作品の開発テーマの指定がなく、自由なテーマで開発、応募できるようになった。またチームメンバーの人数制限も撤廃された。

スケジュールは、作品エントリー締め切りが2017年8月29日、作品提出が同年8月31日まで。9月中旬の一次審査、10月中旬の二次審査を経て、10月22日に東京秋葉原コンベンションホールでプレゼン発表という日程だ。

応募資格は、2017年度に在籍している高校生、高専生(3年以下)、中学生、小学生で、年齢制限は特にない。ただし学校対抗の大会のため、作品開発や応募、プレゼンは同じ学校に所属しているメンバーだけで構成する必要がある。

エントリーはUnityインターハイ2017公式Webサイトから受け付けている。

Unityインターハイ2016 Highlight Movie

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  6. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  7. ソフトロボットへの応用も——印刷技術による薄く柔軟なモーターを開発
  8. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  9. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る