新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Fab Lab」、全世界で1000施設達成——世界に広がるものづくりコラボレーション

ウェブサイト「Fab Lab Connect」は、Fab Labが97カ国で1000施設に達したと発表した。

Fab Labは2001年、アメリカ国立科学財団によってマサチューセッツ工科大学内に設立されたCenter for Bits and Atoms(通称CBA)の一部としてスタート。現在では世界97カ国以上へと拡大している。

Fab Labは、製造とイノベーションの未来はデジタルファブリケーションにあると考えており、「世界中のFab Labの設立、加速、接続」をモットーに掲げ、今後も教育/製造/地域経済の未来のために、できる限り活動範囲を広げていくと表明した。

Fab Foundationによると、Fab Labの名称を利用する条件として、以下の4点がある:

  1. 一般市民に開かれていること
  2. ファブラボ憲章の理念に基づき運営されていること
  3. 共通の推奨機材を備えていること(レーザーカッター/CNCルータ/ミリングマシン/ペーパーカッター/3Dプリンタ/各種ハンドツールなど)
  4. 国際規模のネットワークに参加すること

日本国内では、2011年にファブラボ鎌倉ファブラボつくばが初のFab Lab施設としてオープン。2013年には第9回ファブラボ会議(fab9)が横浜にて開催された。近年では商店街の空き店舗を改装して作られたファブラボ山口(2015年オープン)や、大学内に作られたファブラボ平塚(2016年4月オープン)などが設立され、現在は15カ所以上となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 配線不要のディスプレイ照明——模型用ワイヤレスLED「X-BASE」
  2. Wi-Fi対応Arduino互換マイコンを作ろう——CQ出版、「トランジスタ技術 2017年11月号」で「IoT Express」を特集
  3. デスクトップでロボット開発——Arduino互換ボードで動かすロボットDIYキット「NOVA」
  4. 加工エリアは最大3m×2.5m——自走式ルーターロボットCNC「Goliath CNC」
  5. レーザー刻印、CNC彫刻、マルチカラープリントも対応——工業グレードの金属製3Dプリンター「Mooz」
  6. 不在時の荷物受け取りに便利——オランダ発スマート宅配ボックス「LockBox」
  7. 機械語プログラミングを学習できる——教育用4ビットマイコンボード「ORANGE-4」
  8. LEDテープとハーフミラーで作る合わせ鏡——「Desktop Infinity Mirror」
  9. FPGAビギナーに最適——Altera MAX10搭載FPGAボード「MaxProLogic」
  10. 武藤工業、造形後に変形できる3Dプリンター用フィラメント発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る