新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Fab Lab」、全世界で1000施設達成——世界に広がるものづくりコラボレーション

ウェブサイト「Fab Lab Connect」は、Fab Labが97カ国で1000施設に達したと発表した。

Fab Labは2001年、アメリカ国立科学財団によってマサチューセッツ工科大学内に設立されたCenter for Bits and Atoms(通称CBA)の一部としてスタート。現在では世界97カ国以上へと拡大している。

Fab Labは、製造とイノベーションの未来はデジタルファブリケーションにあると考えており、「世界中のFab Labの設立、加速、接続」をモットーに掲げ、今後も教育/製造/地域経済の未来のために、できる限り活動範囲を広げていくと表明した。

Fab Foundationによると、Fab Labの名称を利用する条件として、以下の4点がある:

  1. 一般市民に開かれていること
  2. ファブラボ憲章の理念に基づき運営されていること
  3. 共通の推奨機材を備えていること(レーザーカッター/CNCルータ/ミリングマシン/ペーパーカッター/3Dプリンタ/各種ハンドツールなど)
  4. 国際規模のネットワークに参加すること

日本国内では、2011年にファブラボ鎌倉ファブラボつくばが初のFab Lab施設としてオープン。2013年には第9回ファブラボ会議(fab9)が横浜にて開催された。近年では商店街の空き店舗を改装して作られたファブラボ山口(2015年オープン)や、大学内に作られたファブラボ平塚(2016年4月オープン)などが設立され、現在は15カ所以上となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る