新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Fab Lab」、全世界で1000施設達成——世界に広がるものづくりコラボレーション

ウェブサイト「Fab Lab Connect」は、Fab Labが97カ国で1000施設に達したと発表した。

Fab Labは2001年、アメリカ国立科学財団によってマサチューセッツ工科大学内に設立されたCenter for Bits and Atoms(通称CBA)の一部としてスタート。現在では世界97カ国以上へと拡大している。

Fab Labは、製造とイノベーションの未来はデジタルファブリケーションにあると考えており、「世界中のFab Labの設立、加速、接続」をモットーに掲げ、今後も教育/製造/地域経済の未来のために、できる限り活動範囲を広げていくと表明した。

Fab Foundationによると、Fab Labの名称を利用する条件として、以下の4点がある:

  1. 一般市民に開かれていること
  2. ファブラボ憲章の理念に基づき運営されていること
  3. 共通の推奨機材を備えていること(レーザーカッター/CNCルータ/ミリングマシン/ペーパーカッター/3Dプリンタ/各種ハンドツールなど)
  4. 国際規模のネットワークに参加すること

日本国内では、2011年にファブラボ鎌倉ファブラボつくばが初のFab Lab施設としてオープン。2013年には第9回ファブラボ会議(fab9)が横浜にて開催された。近年では商店街の空き店舗を改装して作られたファブラボ山口(2015年オープン)や、大学内に作られたファブラボ平塚(2016年4月オープン)などが設立され、現在は15カ所以上となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  2. 1個のセンサーでスマートハウスを実現——IoT向け統合センサーデバイス「Synthetic Sensors」
  3. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  6. 電源強化しRaspberry Pi 3に対応——電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi 2」
  7. 千葉大、世界初となる光でほどける「らせん状人工ナノ線維」の開発に成功
  8. kickstarter、日本発のプロジェクト立ち上げへの対応を発表
  9. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  10. レーザー加工機を完全室内運用できる——小型集塵脱臭機「MIRUKU」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る