新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コニカミノルタ、大阪工大との共同開発技術を利用した体臭測定ソリューション「Kunkun body」の先行販売開始

コニカミノルタは、体臭測定ソリューション「Kunkun body(クンクンボディ)」の先行販売をMakuakeで開始した。目標額225万円を即日達成している。大阪工業大学と共同で開発した「ニオイ測定プラットフォーム」を基盤とした製品だ。

Kunkun bodyは、汗臭、加齢臭、ミドル脂臭の “3大体臭” を測定してレベル表示でき、自覚するのが難しい自分の体臭を手軽に測定できる。

手のひらに乗るサイズの本体とスマートフォン用アプリケーションだけのシンプルな構成で、あたま、わき、耳のうしろ、あしの体臭を測定でき、その結果はBluetoothで送られて20秒ほどでスマートフォンのアプリに表示される。

測定結果は100を最大とした総合的測定値のほか、「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」の強さが同世代の平均値とともに10段階で表示され、ニオイ対策が必要かどうかの客観的な判断が可能だ。今後、「口臭」も測定できるようアップデートを進めるという。

同製品の基盤となるニオイ測定プラットフォームは、大阪工業大学ロボティクス&デザイン工学部の大松繁客員教授が取り組んでいる、ガスセンサーとニューラルネットワークを用いたAI技術によるニオイの判別、嗅ぎ分けの研究を基礎としている。

さらにコニカミノルタの新規事業開発を行うBusiness Innovation Center(BIC)Japanと大阪工業大学は、複数のガスセンサーを使ってニオイの特長をとらえて学習させ、判別する研究を共同で行い、ニオイ測定のプラットフォームを構築した。

この両者の技術を組み合わせた産学連携、オープンイノベーションを活用し、今回の共同開発では、ニオイを可視化するデバイスやソリューションを開発。企画から製品化まで約2年でKunkun bodyの製品化を実現したという。

Kunkun bodyの希望小売価格(予定)は3万円(税込)。Makuakeの先行販売では、Kunkun bodyと、ニオイマネジメント・ツールとして消臭機能を備えたソックスや消臭・微香アイテムをセットにした2万5500円(税込)コースなどを用意している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る