新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コニカミノルタ、大阪工大との共同開発技術を利用した体臭測定ソリューション「Kunkun body」の先行販売開始

コニカミノルタは、体臭測定ソリューション「Kunkun body(クンクンボディ)」の先行販売をMakuakeで開始した。目標額225万円を即日達成している。大阪工業大学と共同で開発した「ニオイ測定プラットフォーム」を基盤とした製品だ。

Kunkun bodyは、汗臭、加齢臭、ミドル脂臭の “3大体臭” を測定してレベル表示でき、自覚するのが難しい自分の体臭を手軽に測定できる。

手のひらに乗るサイズの本体とスマートフォン用アプリケーションだけのシンプルな構成で、あたま、わき、耳のうしろ、あしの体臭を測定でき、その結果はBluetoothで送られて20秒ほどでスマートフォンのアプリに表示される。

測定結果は100を最大とした総合的測定値のほか、「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」の強さが同世代の平均値とともに10段階で表示され、ニオイ対策が必要かどうかの客観的な判断が可能だ。今後、「口臭」も測定できるようアップデートを進めるという。

同製品の基盤となるニオイ測定プラットフォームは、大阪工業大学ロボティクス&デザイン工学部の大松繁客員教授が取り組んでいる、ガスセンサーとニューラルネットワークを用いたAI技術によるニオイの判別、嗅ぎ分けの研究を基礎としている。

さらにコニカミノルタの新規事業開発を行うBusiness Innovation Center(BIC)Japanと大阪工業大学は、複数のガスセンサーを使ってニオイの特長をとらえて学習させ、判別する研究を共同で行い、ニオイ測定のプラットフォームを構築した。

この両者の技術を組み合わせた産学連携、オープンイノベーションを活用し、今回の共同開発では、ニオイを可視化するデバイスやソリューションを開発。企画から製品化まで約2年でKunkun bodyの製品化を実現したという。

Kunkun bodyの希望小売価格(予定)は3万円(税込)。Makuakeの先行販売では、Kunkun bodyと、ニオイマネジメント・ツールとして消臭機能を備えたソックスや消臭・微香アイテムをセットにした2万5500円(税込)コースなどを用意している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  2. 自分の手で組み立てて演奏——中世ヨーロッパの古楽器作成キット「Hurdy-Gurdy」
  3. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  4. ソニーの研究と仕事後の雑談から生まれた「toio」——小さなキューブを通じてワクワクを子どもたちに伝えたい
  5. 【PR】日本最大の工業都市「豊田市」がスタートアップを支援する理由
  6. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. JAXA、国際宇宙ステーション・きぼうの船内ドローン「Int-Ball」の撮影映像を初公開
  9. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  10. Autodesk Fusion 360に最適——3Dプリント/3D CAD制作向けPC3機種を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る