新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リモコンでハイレゾ再生可能に——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound」

Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound」がIndiegogoに登場し、出資を募っている。40ピンGPIOヘッダーを備えたRaspberry Pi 2/3に対応しているアドオンボードで、高品質DACボードを手頃な価格で求めているオーディオマニアに最適だ。

NanoSound

NanoSoundは、PCM5122 DAコンバーター(384kHz/32bit対応)を搭載し、音量調節、再生、一時停止などに使えるコントロールボタン6個、電源スイッチ、ヘッドフォン出力端子、RCA出力端子、I2C接続1.3インチ有機ELディスプレイを装備している。有機ELディスプレイは、英語、中国語、日本語表示に対応。また、赤外線受光器とリモートコントロール機能も備えている。

NanoSound

6個のコントロールボタンはGPIOボタンで、赤外線リモコンはLIRC(Linux Infrared Remote Control)互換だ。GPIOボタンのボタンイベントを読み取るPythonソースコードやリモコン信号認識用設定ファイルLircd.confは提供される予定だが、自分でカスタマイズ設定することも可能だという。

NanoSoundは、「Raspbian」、「Volumio」、「Kodi」などのソフトウェアに対応。VolumioとKodiは初期設定済みイメージファイルをダウンロードできるようにする予定だ。

Volumio

NanoSoundのセットアップは簡単だ。Volumioのイメージファイルを書き込んだMicro SDカードをRaspberry Piのカードスロットに差し込み、NanoSoundをRaspberry Piの上から挿し込んで付属のねじで固定する。ネットワークケーブル経由でPCなどと接続して電源を入れるとVolumioをブラウザ経由で操作できるようになり、すぐに音楽再生ができる。

NanoSound

NanoSoundには「Basic」と「Pro」の2つのモデルがある。Basicモデルは有機ELディスプレイがオプション扱いで付属しないため、注意が必要だ。Basicモデルは金メッキRCA端子を、Proモデルは純銅金メッキRCA端子を搭載する。NanoSound用ケースは現在開発中とのことだ。

NanoSound

NanoSoundの早期割引価格は、Basicが36ドル(約4100円)、Proが52ドル(約5900円)。出荷は2017年9月の予定で、日本への送料は9ドル(約1000円)だ。

NanoSoundは、1000ドル(約11万円)を目標に2017年8月下旬までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  3. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  4. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  5. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」
  6. 造形エリア500×500×500mm——CNCマシンにもなるFFF方式3Dプリンター「Xcustom Maker 3 L 5050」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  9. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る