新しいものづくりがわかるメディア

RSS


複数のコンセントをひとつのスイッチでコントロール——スマートコンセント「switchflip」

壁のスイッチでON/OFFできる既設のコンセントを利用して、そのスイッチで同時に複数のコンセントがON/OFFできるようになるスマートコンセント「switchflip」がIndiegogoに登場した。

Switchflipは、既設の電気配線を変更することなく、壁のスイッチと連動しているコンセントを使って、非連動のコンセントも同時に制御できるようにするものだ。特別な設定やアプリケーションは不要で、コンセントに差し込むだけで使うことができる。

使用方法は以下の3ステップとシンプルだ:

photo 1. 壁のスイッチと連動するコンセントにトランスミッタを差し込む
photo 2. 連動させたいコンセントにレシーバを差し込み、電気器具をレシーバに接続する
photo 3. トランスミッタをON/OFFすればレシーバに接続した電気器具も同時にON/OFFできる

レシーバはトランスミッタのON/OFF状態を常に受信しており、トランスミッタのON/OFFに連動して、同時にON/OFFさせることができる。15~30mの範囲で使用でき、ひとつのトランスミッタで複数のレシーバを連動させることも可能だ。

開発元によれば、ひとつのスイッチで部屋中のライトなど電気製品がON/OFFできるので、電気配線が思うように配策されていない家や、飾り付けなど多くのコンセントを使う場合に有用だとしている。

photo

switchflipは、2月17日までクラウドファンディングを実施中。現時点で、目標額の1万ドル(約117万円)を超える1万3000ドル(約152万円)以上を集めている。

今ならトランスミッタ×1、レシーバ×1のセットが早割価格の35ドル(約4080円)で、トランスミッタ×2、レシーバ×2のダブルパックが65ドル(約7590円)で入手できる。出荷は2017年10月の予定だが、送付先は米国とカナダのみとなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  2. 3Dプリンター/レーザー彫刻/CNC彫刻に対応可能な複合機「DOBOT Mooz」一般販売開始
  3. 3Dプリンターと光るフィラメントを使って暗闇合コンしてみた
  4. JavaScriptでプログラミングできる超小型IoTコントローラー「neonious one」
  5. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  6. 青色レーザーで高精細スキャニング——デスクトップ3Dスキャナーキット「WildCats 3D」
  7. レーザーエネルギー伝送で飛行する昆虫型ロボット「RoboFly」
  8. 乾電池だけでBLEビーコン——乾電池型IoTデバイス「MaBeee ビーコンモデル」
  9. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  10. Wi-Fi/Bluetooth通信モジュールや関連部品を同梱——CQ出版、オールインIoT学習ワークベンチ「PICoT」全部入り版を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る