新しいものづくりがわかるメディア

RSS


最大70度傾けても工具が滑り落ちないツールマット「Grypmat」

独自の素材を採用することで、大きく傾けても工具が滑り落ちないようにしたツールマット「Grypmat」がKickstarterに登場した。

photo

Grypmatは、ポリマーとシリコンを独自に配合した素材を採用。グリップ力が高いため、置き場所に関わらず、最大70度傾けても工具が滑り落ちない。磁力でくっつけるわけではないので、置いた工具は簡単に取れる。

photo

同製品に使われる素材は、耐薬品性や耐火性に優れている。また、柔軟性が高い上に、静電気を帯びにくい。そのため、航空機、自動車、船舶などの整備をはじめ、さまざまな用途に使用できる。

photo

サイズは小型(15×30cm)、中型(20×30cm)、大型 (30×56cm)の3種類。小型は6区画に分かれていて、手の届く範囲に工具を整理して置くのに適している。中型はハンドツールを近くにまとめて置いておくのに、大型は多くの工具を扱うのに最適だ。

photo

Grypmatは2017年2月4日までクラウドファンディングを実施。1月6日時点では、すでに目標額の1万ドル(約120万円)を越える約1万3000ドル(約150万円)を集めている。

販売価格は小型が30ドル(約3500円)、中型が35ドル(約4100円)、大型が70ドル(約8100円)。出荷は2017年6月の予定で、日本への送料は小型と中型が50ドル(約5800円)、大型が65ドル(約7500円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どこでもレーザー刻印できる——コンパクトカメラサイズのレーザー加工機「Cubiio」
  2. 電子工作マニア向け——プリント基板のパターンが印刷された定規「Zero Ruler V2」
  3. 子供が作っておウチで役立つIoT——実践型電子工作教材「PRO-CUBE」
  4. 全員FW!サッカー盤と電動ドリルを合体させてみた
  5. Autodesk、Fusion 360の大型アップデートを実施——シートメタル機能などを追加
  6. エアコンの稼働状況を可視化——家電をIoT化するデバイス「eRemote pro」
  7. 3脚車輪走行で素早い動き——デスクトップコンバットロボット「Archer」
  8. オーム社、電子工作の入門書「実践Arduino! 電子工作でアイデアを形にしよう」発刊
  9. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  10. SLAMナビゲーションも可能——ロボット製作キット「CrazyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る