新しいものづくりがわかるメディア

RSS


最大70度傾けても工具が滑り落ちないツールマット「Grypmat」

独自の素材を採用することで、大きく傾けても工具が滑り落ちないようにしたツールマット「Grypmat」がKickstarterに登場した。

photo

Grypmatは、ポリマーとシリコンを独自に配合した素材を採用。グリップ力が高いため、置き場所に関わらず、最大70度傾けても工具が滑り落ちない。磁力でくっつけるわけではないので、置いた工具は簡単に取れる。

photo

同製品に使われる素材は、耐薬品性や耐火性に優れている。また、柔軟性が高い上に、静電気を帯びにくい。そのため、航空機、自動車、船舶などの整備をはじめ、さまざまな用途に使用できる。

photo

サイズは小型(15×30cm)、中型(20×30cm)、大型 (30×56cm)の3種類。小型は6区画に分かれていて、手の届く範囲に工具を整理して置くのに適している。中型はハンドツールを近くにまとめて置いておくのに、大型は多くの工具を扱うのに最適だ。

photo

Grypmatは2017年2月4日までクラウドファンディングを実施。1月6日時点では、すでに目標額の1万ドル(約120万円)を越える約1万3000ドル(約150万円)を集めている。

販売価格は小型が30ドル(約3500円)、中型が35ドル(約4100円)、大型が70ドル(約8100円)。出荷は2017年6月の予定で、日本への送料は小型と中型が50ドル(約5800円)、大型が65ドル(約7500円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  2. 1個のセンサーでスマートハウスを実現——IoT向け統合センサーデバイス「Synthetic Sensors」
  3. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  6. 電源強化しRaspberry Pi 3に対応——電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi 2」
  7. 千葉大、世界初となる光でほどける「らせん状人工ナノ線維」の開発に成功
  8. kickstarter、日本発のプロジェクト立ち上げへの対応を発表
  9. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  10. レーザー加工機を完全室内運用できる——小型集塵脱臭機「MIRUKU」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る