新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンタで陶芸を——造形物を陶窯で焼けるレジン「Ceramic Resin」

光造形3Dプリンタメーカーのformlabsは「CES 2017」にて、3Dプリンタで陶磁器が作れるレジン「Ceramic Resin」を発表した。

photo

Ceramic Resinは、formlabsの新たなプロダクトプラットフォーム「Form X」に含まれる光造形3Dプリンタ用のレジンだ。Ceramic Resinを使って造形した目的物を、UV硬化処理(ポストキュア)後に陶窯(とうよう)で焼くと、陶磁器を作ることができる。釉薬(ゆうやく)掛けして焼いた造形物は、一般の陶芸作品に比べても遜色ない仕上がりになるという。

photo

Ceramic Resinの焼成時間は10時間ほど。燃焼と焼結の2段階で焼成され、Ceramic Resin特有の温度調節が必要だ。また、造形物は焼くことによって13~21%収縮するので、モデリングの際にはあらかじめ収縮分を加味しておく必要がある。この収縮率は粘土から焼き物を作る場合と大差なく、3Dプリンタによる陶芸の弱点というわけではない。

photo

Ceramic Resinは現在も開発中だが、2017年の早い時期に利用可能になる見通し。なおformlabsは、同社のレジン製品群「Grey Resin」に全く新しい艶消し仕上げのレジンを加えることも発表している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  6. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  7. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  8. 119の“しかけ”をめくってプログラミングを学ぶ——「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」発刊へ
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る