新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンタで陶芸を——造形物を陶窯で焼けるレジン「Ceramic Resin」

光造形3Dプリンタメーカーのformlabsは「CES 2017」にて、3Dプリンタで陶磁器が作れるレジン「Ceramic Resin」を発表した。

photo

Ceramic Resinは、formlabsの新たなプロダクトプラットフォーム「Form X」に含まれる光造形3Dプリンタ用のレジンだ。Ceramic Resinを使って造形した目的物を、UV硬化処理(ポストキュア)後に陶窯(とうよう)で焼くと、陶磁器を作ることができる。釉薬(ゆうやく)掛けして焼いた造形物は、一般の陶芸作品に比べても遜色ない仕上がりになるという。

photo

Ceramic Resinの焼成時間は10時間ほど。燃焼と焼結の2段階で焼成され、Ceramic Resin特有の温度調節が必要だ。また、造形物は焼くことによって13~21%収縮するので、モデリングの際にはあらかじめ収縮分を加味しておく必要がある。この収縮率は粘土から焼き物を作る場合と大差なく、3Dプリンタによる陶芸の弱点というわけではない。

photo

Ceramic Resinは現在も開発中だが、2017年の早い時期に利用可能になる見通し。なおformlabsは、同社のレジン製品群「Grey Resin」に全く新しい艶消し仕上げのレジンを加えることも発表している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  3. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  4. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  5. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. Raspberry Pi CM3/3Liteに対応——Raspberry Pi用キャリアボード「RPi-CM3MB」シリーズ
  9. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  10. 語学用という名目でラジカセを楽しめた昭和のLL学習マシン 「SONY FM/AM RADIO CASSETTE-CORDER CF-1765」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る