新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LEGOブロックとアプリで“動くロボット”を作れる「LEGO BOOST Creative Toolbox」

LEGOグループは「CES 2017」にて、ロボット、ネコ、ギターなどの5種類の“動くもの”が作れる「LEGO BOOST Creative Toolbox」を発表した。

photo

LEGO BOOST Creative Toolboxは、7歳児以上を対象とした知育玩具のセットだ。840ピースのLEGOブロックのほか、LEGOブロックで作製したものを動作させる「BOOST bricks」と呼ばれる3つのハードウェアで構成される。

LEGOブロックは、iOS/Androidタブレット向けのアプリ「LEGO BOOST app」の指示に従えば簡単に組み立てられる。また、動作のコーディングに必要なのは、このアプリの画面上でコーディングブロックを横につなぎ合わせることだけだ。

photo

BOOST bricksは、BLE通信機能、エンコーダモータ×2、起動ボタン、内部チルトセンサ、ライトを組み込んだ「Move Hub」をはじめ、エンコーダモータ×1を組み込んだ「Interactive Motor」のほか、距離、モーション、カラーのセンサ機能を搭載しライトとしても機能する「Color & Distance Sensor」で構成される。

BOOST bricksとLEGO BOOST appの「creative canvas」機能を使えば、「LEGO CITY」や「LEGO NINJAGO」などの他のセットを使ったLEGO作品を動作させることも可能だ。LEGO BOOST Creative Toolboxは、2017年後半に159.99ドル(約1万9000円)で販売開始する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCBマスクが手軽にできる——回路パターン転写用プリンター「Litho」
  2. VR用の360度パノラマ撮影ができる——Raspberry Pi用超広角カメラモジュール「VR220」発売
  3. Raspberry Piでニキシー管を使う——15種類のソケットに対応した拡張ボード「Nixie Shield」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. 机に乗る超小型の5軸CNCミリングマシン「Pocket NC」
  6. 人工知能を自宅で学習——CQ出版、「算数&ラズパイから始める ディープ・ラーニング」発刊へ
  7. USBにつなぐだけで、映画館の感動を完全再現——東北産ポータブルスピーカー「OVO」
  8. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  9. 日本の加工技術の高さが映えるクールなチタン製毛抜き「Tweezers of Legend」
  10. 3G/LTE通信ボード「CANDY Pi Lite」が「Raspberry Pi Zero WH」に正式対応

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る