新しいものづくりを応援するメディア

RSS


LEGOブロックとアプリで“動くロボット”を作れる「LEGO BOOST Creative Toolbox」

LEGOグループは「CES 2017」にて、ロボット、ネコ、ギターなどの5種類の“動くもの”が作れる「LEGO BOOST Creative Toolbox」を発表した。

photo

LEGO BOOST Creative Toolboxは、7歳児以上を対象とした知育玩具のセットだ。840ピースのLEGOブロックのほか、LEGOブロックで作製したものを動作させる「BOOST bricks」と呼ばれる3つのハードウェアで構成される。

LEGOブロックは、iOS/Androidタブレット向けのアプリ「LEGO BOOST app」の指示に従えば簡単に組み立てられる。また、動作のコーディングに必要なのは、このアプリの画面上でコーディングブロックを横につなぎ合わせることだけだ。

photo

BOOST bricksは、BLE通信機能、エンコーダモータ×2、起動ボタン、内部チルトセンサ、ライトを組み込んだ「Move Hub」をはじめ、エンコーダモータ×1を組み込んだ「Interactive Motor」のほか、距離、モーション、カラーのセンサ機能を搭載しライトとしても機能する「Color & Distance Sensor」で構成される。

BOOST bricksとLEGO BOOST appの「creative canvas」機能を使えば、「LEGO CITY」や「LEGO NINJAGO」などの他のセットを使ったLEGO作品を動作させることも可能だ。LEGO BOOST Creative Toolboxは、2017年後半に159.99ドル(約1万9000円)で販売開始する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  2. これであなたも人気者!ハッピーをまき散らせるDIYバズーカ
  3. 片手でモンスターボールを投げるための装置 #ポケモンGO
  4. スーパーで部品になるお菓子を探す…!
  5. 個人情報の保護と思い出を成仏させるために、SDカードを仏像に閉じ込める
  6. 生命の輝きを機械と漫画で体感する「プリンをプルプルさせるマシン」
  7. 初代はいつもデカくて重い。でも欲しかったポータブルプレーヤー 「SONY Mini Disc Player MZ-2P(MD Walkman)」
  8. ArduinoをRaspberry Piで使いこなす——Raspberry Piに搭載できるArduino互換ボード「πduino(パイデュイーノ)」
  9. ワイヤレスで組み合わせていろいろなものが作れる子供向け電子工作パッケージ「Plezmo」
  10. 高精細のマルチカラープリントが可能なFFF方式3Dプリンタ「NIX...」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る