新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LEGOブロックとアプリで“動くロボット”を作れる「LEGO BOOST Creative Toolbox」

LEGOグループは「CES 2017」にて、ロボット、ネコ、ギターなどの5種類の“動くもの”が作れる「LEGO BOOST Creative Toolbox」を発表した。

photo

LEGO BOOST Creative Toolboxは、7歳児以上を対象とした知育玩具のセットだ。840ピースのLEGOブロックのほか、LEGOブロックで作製したものを動作させる「BOOST bricks」と呼ばれる3つのハードウェアで構成される。

LEGOブロックは、iOS/Androidタブレット向けのアプリ「LEGO BOOST app」の指示に従えば簡単に組み立てられる。また、動作のコーディングに必要なのは、このアプリの画面上でコーディングブロックを横につなぎ合わせることだけだ。

photo

BOOST bricksは、BLE通信機能、エンコーダモータ×2、起動ボタン、内部チルトセンサ、ライトを組み込んだ「Move Hub」をはじめ、エンコーダモータ×1を組み込んだ「Interactive Motor」のほか、距離、モーション、カラーのセンサ機能を搭載しライトとしても機能する「Color & Distance Sensor」で構成される。

BOOST bricksとLEGO BOOST appの「creative canvas」機能を使えば、「LEGO CITY」や「LEGO NINJAGO」などの他のセットを使ったLEGO作品を動作させることも可能だ。LEGO BOOST Creative Toolboxは、2017年後半に159.99ドル(約1万9000円)で販売開始する予定だ。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  6. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  7. レーザー刻印機やCNC彫刻機に——1台3役の全金属製3Dプリンタ「Snapmaker」
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. 独SIEMENSの産業用IoTゲートウェイ、Arduinoストアでも販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る