新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LEGOブロックとアプリで“動くロボット”を作れる「LEGO BOOST Creative Toolbox」

LEGOグループは「CES 2017」にて、ロボット、ネコ、ギターなどの5種類の“動くもの”が作れる「LEGO BOOST Creative Toolbox」を発表した。

photo

LEGO BOOST Creative Toolboxは、7歳児以上を対象とした知育玩具のセットだ。840ピースのLEGOブロックのほか、LEGOブロックで作製したものを動作させる「BOOST bricks」と呼ばれる3つのハードウェアで構成される。

LEGOブロックは、iOS/Androidタブレット向けのアプリ「LEGO BOOST app」の指示に従えば簡単に組み立てられる。また、動作のコーディングに必要なのは、このアプリの画面上でコーディングブロックを横につなぎ合わせることだけだ。

photo

BOOST bricksは、BLE通信機能、エンコーダモータ×2、起動ボタン、内部チルトセンサ、ライトを組み込んだ「Move Hub」をはじめ、エンコーダモータ×1を組み込んだ「Interactive Motor」のほか、距離、モーション、カラーのセンサ機能を搭載しライトとしても機能する「Color & Distance Sensor」で構成される。

BOOST bricksとLEGO BOOST appの「creative canvas」機能を使えば、「LEGO CITY」や「LEGO NINJAGO」などの他のセットを使ったLEGO作品を動作させることも可能だ。LEGO BOOST Creative Toolboxは、2017年後半に159.99ドル(約1万9000円)で販売開始する予定だ。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  2. 限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」
  3. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画
  4. ネオピクセルLEDがドライブできる——Arduino互換Wi-Fi対応IoT開発ボード「LEDUNIA」
  5. すごーい!あたまわるーい!知恵の芽を摘む「頭の悪いメカ発表会2」
  6. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  7. ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」
  8. レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」
  9. 社会に求められるファブ施設とは——ものづくりから始まるコミュニティの在り方
  10. 3D CADを活用したものづくりの核心に迫る——「Fusion 360 Masters」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る