新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを組込み設計に——組込み開発評価ボード「Raspberry Pi Compute Module 3」

アールエスコンポーネンツは、Raspberry Pi model3のアーキテクチャを使い、組込み機器向けに小型化した「Raspberry Pi Compute Module 3(CM3)」を発売した。

CM3は、Raspberry Pi 3と同様にBroadcom BCM2837プロセッサ(ARM Cortex-A53クアッドコアおよび1GB LPDDR2 RAMを内蔵)と4GBオンボードeMMCフラッシュメモリを、組み込みを前提とした67.6×31 mmの小型フォームファクタに搭載する。ユーザー側ボードとはDDR2 SODIMMコネクタを使って接続する。

photo CM3(表)
photo CM3(裏)右がeMMCフラッシュチップ

Raspberry Piが備える外部インターフェースコネクタを廃し、他の製品や基板に組み込んで使用することを前提に、小型化と安価化を実現している。CM3に対してeMMCフラッシュを搭載しないモデル「Raspberry Pi Compute Module 3 Lite(CM3 Lite)」もあり、この場合はストレージもユーザー側ボードで用意することになる。

すでにNEC製の大型ディスプレイでCM3専用ソケットを備えた製品があり、このディスプレイにCM3を装着することで、駅やオフィス、教育機関などの公共エリアでデジタルサイネージとして利用されているという。

photo CMIO V3

CM3およびCM3 Liteでソフトウェア開発をするためには「Compute Module 3 IOボード(CMIO V3)」を利用する。各種コネクタやSDカードソケットを備えており、外部機器や外部モジュールと接続してのソフトウェア開発や、CM3のフラッシュメモリを書き換えることができる。

初代Raspberry Piのアーキテクチャを利用した旧モデルの「CM1」があるが、CM3では基本的に上位互換が確保されているという。差し替えて利用する場合は、基板の高さが1mmほど厚いことと、model 3アーキテクチャで大幅に増大した消費電力と発熱対策については、考慮する必要があるだろう。

価格は、Raspberry Pi Compute Module 3が4500円、Raspberry Pi Compute Module 3 Liteが4000円、Compute Module IO Boardが1万4045円だ。また、CM3、CMIO V3、ACアダプタがセットになった開発キットも1万8432円(価格はいずれも税別)で販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る