新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Afiniaの3Dプリンタ「AFINIA H400」「AFINIA H800+」、国内販売を開始

米Afiniaブランド3Dプリンタの新製品2機種が国内リリースされた。高品質ながら軽量でコンパクトなパーソナル用途向け「AFINIA H400」と、従来モデルに新たな機能を追加した最上位機種「AFINIA H800+」だ。

AFINIA H400は、コンパクト性を追求した低価格のパーソナル3Dプリンタで、家庭や教室などでの使用に適したモデルだ。従来のAFINIA Hシリーズの造形品質を維持しながら、BOX型にすることでさらに造形安定性を向上させている。

新たにWi-Fi 機能を搭載し、PCやiPadとワイヤレスで接続可能となり、簡単な操作をPCなしで実行できる液晶タッチパネルも搭載した。また、ノズルの高さ調整を自動で行うオートレべリング機能、造形エリア内の臭いや微粒子を濾過するHEPAエアフィルター、電源遮断時のリカバリー機能も搭載している。

外形寸法は255×385×365mm、重量は8kgで、最大造形サイズは120×120×120mm。最小積層ピッチは0.15mmで、使用できる素材は1.75mm径のABS/PLA/ポリカーボネート樹脂。価格は9万8000円(税抜)だ。

AFINIA H800+は、2015年に発売されたAFINIA H800のモデルチェンジ版で同ブランドの最上位機種となる。高いプリント精度や大きな造形サイズ、高速な造形速度を維持しながら、新機能を追加した。

新機能としては、Wi-Fi 機能、停電時プリント回復機能、フィラメント切れの際の自動停止機能、ノズルとプラットフォームの温度設定変更機能を追加。また、プリントヘッドとガントリーシステム、制御ソフトウェア「Afinia Studio」を改良、iPad用アプリも新たに開発した。

外形寸法は493×517×493mm、重量20kgで、最大造形サイズは255×205×205mm。最小積層ピッチは0.1mmで、使用できる素材は1.75mm径のABS/PLA/ポリカーボネート樹脂。価格は35万円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. Raspberry PiでIoTの実証実験ができる——WDS、セルラー系LPWAを利用する「IoT-Pi for LTE-M」発売
  4. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  5. あらゆる素材をアップグレードする技術——Nature Architectsが拡張する、3Dプリントの可能性
  6. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  7. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  8. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  9. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  10. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る