新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi 3とWindows 10 IoT CoreでIoTガジェットをつくる——「Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング」発刊

マイナビ出版は、Raspberry Pi 3とWindows 10 IoT Coreを活用したIoTガジェットづくりを解説した「Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング」を1月31日に発刊する。

本書は、Windows 10 IoT Coreの登場などで、IoTをより手軽に実現できる環境が整ってきたことを背景に、Raspberry Pi 3とWindows 10 IoT Coreを活用したIoTガジェットづくりを、導入の基礎からクラウドとの連携まで、順を追って幅広く解説した書籍だ。WindowsやVisual Studio(C#)に詳しくなくても戸惑わないよう、画像を多めにしている。

全体は5章から成り、まず第1章ではIoTの概念やその構成要素を、クラウドの関係を中心に解説。第2章ではWindows 10 IoT Coreの基礎知識とインストール、開発環境のセットアップを解説する。続く第3章では、電子工作の基礎として、BitTradeOneの拡張ボードApplePiを利用したLEDやセンサーの使い方や、モータードライバでDCモーターを制御する方法などを解説する。

さらに第4章ではIoTガジェットとして、SeeedStudioの小型WiFi開発ボードWio Nodeを使って温度を取得するシステムと、Webカメラを使った人の顔を認識する監視カメラを作成。第5章ではMicrosoftのクラウドサービスAzureを活用したより実践的なIoTを解説する。

宇田 周平氏、林 宜憲氏の共著で、B5変型判216ページ。価格は3132円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る