新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi 3とWindows 10 IoT CoreでIoTガジェットをつくる——「Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング」発刊

マイナビ出版は、Raspberry Pi 3とWindows 10 IoT Coreを活用したIoTガジェットづくりを解説した「Raspberry Pi 3でつくる IoTプログラミング」を1月31日に発刊する。

本書は、Windows 10 IoT Coreの登場などで、IoTをより手軽に実現できる環境が整ってきたことを背景に、Raspberry Pi 3とWindows 10 IoT Coreを活用したIoTガジェットづくりを、導入の基礎からクラウドとの連携まで、順を追って幅広く解説した書籍だ。WindowsやVisual Studio(C#)に詳しくなくても戸惑わないよう、画像を多めにしている。

全体は5章から成り、まず第1章ではIoTの概念やその構成要素を、クラウドの関係を中心に解説。第2章ではWindows 10 IoT Coreの基礎知識とインストール、開発環境のセットアップを解説する。続く第3章では、電子工作の基礎として、BitTradeOneの拡張ボードApplePiを利用したLEDやセンサーの使い方や、モータードライバでDCモーターを制御する方法などを解説する。

さらに第4章ではIoTガジェットとして、SeeedStudioの小型WiFi開発ボードWio Nodeを使って温度を取得するシステムと、Webカメラを使った人の顔を認識する監視カメラを作成。第5章ではMicrosoftのクラウドサービスAzureを活用したより実践的なIoTを解説する。

宇田 周平氏、林 宜憲氏の共著で、B5変型判216ページ。価格は3132円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  5. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  6. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  7. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  8. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  9. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  10. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る