新しいものづくりがわかるメディア

RSS


映像を目の前に立体的に投影するコンピュータ「HoloLens」——その研究開発を進めるスタートアップ「ホロラボ」が発足

Microsoftのホログラフィックコンピュータ「HoloLens」に魅了されたメンバーが、「Windows Holographic」やVR/AR/MRの研究開発と普及を目指し、1月18日にスタートアップ「ホロラボ(HoloLab)」を設立した。

HoloLensは、頭にかぶる形をした新型のパーソナルコンピュータ(PC)だ。現在、HoloLensの基盤を成すWindows Holographicに対応したHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の開発が、多数のシステムベンダーのもとで進んでおり、2017年後半からの普及が期待されている。

HoloLens最大の特徴は、搭載した複数の各種センサが現実世界を3Dスキャンし、テーブルや壁の在り処と自分の位置や向きを理解して、ゴーグル型の光学的機構により、映像を目の前に立体的に投影することだ。操作にキーボードやマウスは必要ない。ユーザーは、ジェスチャーや音声で情報や映像を操れる。

そのようなHoloLensに注目するホロラボは、テクノロジーコミュニティー「TMCN(Tokyo MotionControl Network)」で出会った背景の異なるメンバーによって立ち上げられた。CEOの中村薫氏をはじめ各メンバーのバックグラウンドを生かし、調査研究(先端デバイスやプラットフォームの評価、研究、レポート、セミナー)や、開発(システム/アプリケーションの企画開発)、啓蒙活動(コミュニティ活動、セミナー/ワークショップ企画運営、登壇、執筆)を展開するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る