新しいものづくりがわかるメディア

RSS


映像を目の前に立体的に投影するコンピュータ「HoloLens」——その研究開発を進めるスタートアップ「ホロラボ」が発足

Microsoftのホログラフィックコンピュータ「HoloLens」に魅了されたメンバーが、「Windows Holographic」やVR/AR/MRの研究開発と普及を目指し、1月18日にスタートアップ「ホロラボ(HoloLab)」を設立した。

HoloLensは、頭にかぶる形をした新型のパーソナルコンピュータ(PC)だ。現在、HoloLensの基盤を成すWindows Holographicに対応したHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の開発が、多数のシステムベンダーのもとで進んでおり、2017年後半からの普及が期待されている。

HoloLens最大の特徴は、搭載した複数の各種センサが現実世界を3Dスキャンし、テーブルや壁の在り処と自分の位置や向きを理解して、ゴーグル型の光学的機構により、映像を目の前に立体的に投影することだ。操作にキーボードやマウスは必要ない。ユーザーは、ジェスチャーや音声で情報や映像を操れる。

そのようなHoloLensに注目するホロラボは、テクノロジーコミュニティー「TMCN(Tokyo MotionControl Network)」で出会った背景の異なるメンバーによって立ち上げられた。CEOの中村薫氏をはじめ各メンバーのバックグラウンドを生かし、調査研究(先端デバイスやプラットフォームの評価、研究、レポート、セミナー)や、開発(システム/アプリケーションの企画開発)、啓蒙活動(コミュニティ活動、セミナー/ワークショップ企画運営、登壇、執筆)を展開するとしている。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  6. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  7. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. Raspberry PiやArduinoでGroveセンサが使える——Groveセンサキット「800-RPSET1_2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る