新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自分のプレーの記録/分析ができる——テニス専用ウェアラブル端末「バボラ POP」

バボラVSは2月1日、リストバンド型のテニス専用ウェアラブル機器「バボラ POP」を発売する。バボラ POPとスマーフォンをBluetooth4.0(BLE)で接続して、専用アプリ10時間以上のプレーの記録をしたり分析することができる。

バボラ POPは、9軸センサ、ジャイロスコープ、加速度計、磁力計と、10時間以上のプレーの記録が可能なフラッシュストレージを備えたユニットで、付属のリストバンドに差し込み、利き腕の手首に装着して使用する。

専用スマートフォンアプリでは、試合の勝敗、セッション数、ショット数、過去6カ月のプレー時間など統計データの管理、記録したプレー情報の検索、ショットの内訳や各ショットの詳細な分析、直近のプレー6セッションについての平均値のグラフ化などができる。

また、スピン、スピード、スタイルの3 項目を「PIQ スコア」としてビジュアル化しているのが特徴だ。各データはスピンを%、スピードをkm/hとmph、スタイルを10 段階で表示する。プロ選手のレベルと比較したり、過去データと比較することもでき、プレーの改善や上達度などの把握に役立つとしている。

専用アプリは、Android版とiOS版があり、それぞれGoogle PlayストアとAppストアから無償提供されている。

本体サイズは44.6×39×5.4mmで重さは9g。内蔵の100mAHリチウム・ポリマー電池をフル充電(2時間)すると、10時間以上のプレーが可能だ。通気性ネオプレーン製の専用リストバンドは、245×52.5×1.5mmで重さは10gとなっている。サイズが60×58×6mmで重さ33gの充電器と、USBケーブルが付属する。

バボラ POPのメーカー希望小売価格は税抜き1万1200円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る