新しいものづくりがわかるメディア

RSS


カブクが日本通運と提携、オンデマンド製造サービスのグローバル物流体制を強化

カブクは、日本通運との業務提携を発表した。

カブクが提供するオンデマンド製造サービス「MMS Connect」で取り扱う試作品、特注品のデジタル製造サービスでのグローバル物流体制を強化し、デジタル製造サービスの競争力を向上させるのが狙いだ。

今回の提携により、日本通運はカブクに対して、海外拠点ネットワークを活用した物流サービスを提供するほか、日本通運保有レーンなどによる国際輸送物流の効率化支援や日本通運が有する知見による最適な物流アドバイスなどを提供する。

一方で、カブクは日本通運に対し、デジタル製造サービス/プラットフォームやグローバル工場ネットワークを連携すると共に、デジタル製造事業のコンサルティングを提供する。日本通運はグローバルでのデジタル製造サービス実現に必要な高度なノウハウ提供を受けることで、高度化する製造業のニーズに応えることができるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  7. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  8. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る