新しいものづくりがわかるメディア

RSS


地球上のどこにいても見つけます——小型GPSトラッカー「Ping」

小型ボディにHSPA/GSMを搭載したGPS/GLONASSトラッカー「Ping」がIndiegogoに登場した。

photo

Pingの開発元によれば、従来の小型Bluetoothトラッカーでは追跡範囲が狭く、GPSやGLONASSを利用するトラッカーでは本体の大きさやバッテリの消耗に課題があるという。Pingの特徴は、34×34mmの防水性小型ボディに、約160の国と地域で利用できるモバイル通信機能と、長期間使用できるバッテリを搭載している点だ。

photo

付属のクリップアタッチメントで簡単に取り付けられ、充電式バッテリは約3カ月持続し、残量低下通知機能もある。

photo

位置を追跡するためには、専用アプリを使い、表示される対象物を選択すると地図上に表示する。また、Pingからスマートフォンへの通知も可能で、本体のチェックインボタンを1回押すと位置情報を、ボタンを2回連続で押せば、SOSアラートを発信できる。専用アプリはiOS/Androidに対応する。

photo

Pingは3月上旬までクラウドファンディングを実施。2月8日時点で、目標額5万ドル(約562万円)の7倍以上の約37万ドル(約4160万円)以上を集めている。

photo

1年間の通信費、充電ケーブルなどが含まれたセットが今なら25%オフの早期割引適用分が99ドル(約1万1100円)で入手できる。2年目以降の通信費は年間36ドル(約4050円)だ。なおアメリカ、カナダ、メキシコ以外の地域では、アクティベーション時に10ドル(約1120円)の追加が必要だ。日本を含む多くの国と地域で利用できる。

photo

出荷は2017年7月の予定で、日本への送料は30ドル(約3360円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る