新しいものづくりがわかるメディア

RSS


いま取り込み中です——周囲に状況を伝えられるLEDステータスライト「Luxafor」

LEDでいろいろな状況を通知するステータスライト「Luxafor」がKickstarterに登場した。

Luxaforは、専用アプリを使い、予めセットしたトリガや、その時の自分の状況をLEDで通知することを目的とするステータスライトだ。例えば業務に集中ししたいときは赤色で点灯させ、それほど忙しくない時は緑色にするなど、周囲に対して意思表示できる。

開発元によれば、業務の中断により1日あたり86分が失われていたり、いったん中断した業務に再び集中するためには25分を要したりと、集中力が途切れることによって非効率化している実態があるという。Luxaforを活用することで、集中しているときに同僚から話しかけられることがなくなり、オフィスの生産性向上が期待できるとしている。

Luxaforには用途に合わせて「Luxafor Mini」、「Luxafor Flag」、「Luxafor Bluetooth」の3タイプがある。

Luxafor MiniはUSBタイプで、メール受信やスケジューラのリマインダなどを、LEDで通知できる。

Luxafor FlagはLuxafor Miniよりも大きく、PCモニタ上部に設置できるタイプだ。メールなどの通知に加え、自分の設定したステータスを周りから見えるようにLEDで知らせることができる。

Luxafor Bluetoothは、パーティションなどに取り付けられる大型タイプだ。Bluetoothで制御できるため、例えば会議室の使用中/空室の表示をさせるなど、離れた場所から確認したい場合に適している。

3タイプとも、Luxaforソフトウェアの全機能が利用できる。メーラーやスカイプと連携させて着信通知に利用したり、タイマ設定したりできる。また、「Pomodoro Time」モードでは、生産性向上のため、業務時間を細分化して小休止をいれるような設定もできる。フルカラーLEDの点灯色も自由に設定可能だ。

また、Luxaforソフトウェアはオープンソースで公開されており、自分の好みに合わせてカスタマイズすることもできる。

Luxaforは3月13日までクラウドファンディングを実施中で、目標額は3万3000ドル(約370万円)だ。価格はLuxafor Miniが21ドル(約2360円)、Luxafor Flagが27ドル(約3030円)、Luxafor Bluetoothが58ドル(約6510円)だが、今なら早期割引適用分がそれぞれ17ドル(約1910円)/22ドル(約2470円)/48ドル(約5390円)で入手できる。出荷は2017年5月以降の予定で、送料45ドル(約5050円)で日本への出荷にも対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. Raspberry PiでIoTの実証実験ができる——WDS、セルラー系LPWAを利用する「IoT-Pi for LTE-M」発売
  4. プリント後の焼結は不要——セラミック3Dプリンター「Digitalceram」
  5. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  6. あらゆる素材をアップグレードする技術——Nature Architectsが拡張する、3Dプリントの可能性
  7. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  8. 0.1秒以内に10人の顔認証が可能——WDS、AIカメラモジュール「Eeye」発売
  9. Nordic Semiconductor、デュアルArm Cortex-M33プロセッサ搭載のIoT向け無線SoC「nRF5340」を発表
  10. MIT、ロボットが物体を素早くつかんで動かせるアルゴリズムを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る