新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インタープロ、電波範囲約200mの超小型ビーコン「ハイビーコン・ミニ」発売へ

インタープロは、2016年2月に発売したBluetooth長距離ビーコン「ハイビーコン」を、さらに小型化、軽量化して約200mの電波範囲を実現した「ハイビーコン・ミニ」の販売を2月15日に開始する。

形状は3.7cm正方形型、厚さ5.6mmの超小型、重さも8gの超軽量となり、財布やカードケースに入れたり、衣服に縫いつけておくことも可能になった。

また、通常Bluetoothによる電波範囲はClass2で約10m、Class1でも約100mだが、ハイビーコンで実現した最高約450mの実績を活かし、電波範囲約200mを実現している。

独自の省電力技術により、EXタイプの場合、最長約10年間(CR2032電池)の利用が可能。発信間隔、電波強度、スリープ設定など各種ファームウェアのカスタマイズもでき、さらにAndroid向けの受信アプリ、Raspberry Pi用の受信ライブラリ、クラウド連携ライブラリなど総合的なバックヤードを構築可能で、さまざまな用途に応用できる。

人流ソリューション

所在管理、入館・入室管理、商品・製品の在庫管理、建設・設備用資材などの管理、遺失物・紛失物の管理といったビジネス用途や、高齢者の徘徊捜索用途での利用に適している。

商品構成は、事業用途向けの「ハイビーコン・ミニBA」と、捜索用途向けの「ハイビーコン・ミニEX」がある。無料アプリとして、BA向けにはUUID、Major、Minor、TX-Pのコード書き換えが可能な「HibeaconSetup」が、EX向けには徘徊捜索や捜し物用の「HibeaconSearch」を提供。また、受信測定用の「HibeaconLogger」も別途無償で提供する。

価格は、BAが8000円(税別)、EXが1万2000円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る