新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インタープロ、電波範囲約200mの超小型ビーコン「ハイビーコン・ミニ」発売へ

インタープロは、2016年2月に発売したBluetooth長距離ビーコン「ハイビーコン」を、さらに小型化、軽量化して約200mの電波範囲を実現した「ハイビーコン・ミニ」の販売を2月15日に開始する。

形状は3.7cm正方形型、厚さ5.6mmの超小型、重さも8gの超軽量となり、財布やカードケースに入れたり、衣服に縫いつけておくことも可能になった。

また、通常Bluetoothによる電波範囲はClass2で約10m、Class1でも約100mだが、ハイビーコンで実現した最高約450mの実績を活かし、電波範囲約200mを実現している。

独自の省電力技術により、EXタイプの場合、最長約10年間(CR2032電池)の利用が可能。発信間隔、電波強度、スリープ設定など各種ファームウェアのカスタマイズもでき、さらにAndroid向けの受信アプリ、Raspberry Pi用の受信ライブラリ、クラウド連携ライブラリなど総合的なバックヤードを構築可能で、さまざまな用途に応用できる。

人流ソリューション

所在管理、入館・入室管理、商品・製品の在庫管理、建設・設備用資材などの管理、遺失物・紛失物の管理といったビジネス用途や、高齢者の徘徊捜索用途での利用に適している。

商品構成は、事業用途向けの「ハイビーコン・ミニBA」と、捜索用途向けの「ハイビーコン・ミニEX」がある。無料アプリとして、BA向けにはUUID、Major、Minor、TX-Pのコード書き換えが可能な「HibeaconSetup」が、EX向けには徘徊捜索や捜し物用の「HibeaconSearch」を提供。また、受信測定用の「HibeaconLogger」も別途無償で提供する。

価格は、BAが8000円(税別)、EXが1万2000円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る