新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ビジュアルプログラミングツール対応——子供にも扱いやすいRaspberry Pi用ロボットアーム「MeArm Pi」

Raspberry Pi用のロボットアーム「MeArm Pi」がKickstarterに登場した。子供でも扱えることをコンセプトにしていて、ビジュアルプログラミングツールによるプログラミングやジョイスティックでアームを制御することが可能だ。

photo

MeArm Piは、拡張ボードPi HATと制御用のジョイスティック(2本)を備える。ジョイスティックによる操作に加え、プログラミングによるアーム制御が可能だ。ScratchやBlocklyなど、Webブラウザを利用したドラッグ&ドロップ型のプログラミング環境だけでなく、上級者向けのPythonやJavascriptにも対応している。

Raspberry Piと基盤の接続など、組み立て部分についても子供の力で簡単に組み立てられるよう工夫がなされている。極力ネジの使用箇所を減らし、代用として六角ボルトを採用。レンチはツールセットに同梱されているので、他の道具を改めて用意する必要はない。

photo

MeArm Piの対象年齢は11歳以上。カラーはブルーとオレンジの2色から選択可能だ。スタンダードキット(ロボットアーム、メタルギアサーボ×4、六角ボルト&レンチ、ジョイスティック)に加え、Raspberry Pi 3とのセットが用意されている。

photo

MeArm PiはKickstarterで2017年3月9日までクラウドファンディング中だ。2月10日時点では、目標額1万ポンド(約140万円)に対し、2万6000ポンド(約367万円)以上を集めている。

販売価格はスタンダードキットが60ポンド(約8500円)で、Raspberry Piとのセットが110ポンド(約1万6000円)だ。出荷開始は2017年7月の予定で、日本への送料は無料となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  6. 通常のハイスペック3Dプリンタの4倍速で出力できるという光造形3Dプリンタ「B9 Core」
  7. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  8. 筋電義手からVRに進出したexiii——これまでに得たものと、これからのこと
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る