新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ドイツのWT2017でファイナリストに、触感型ゲームコントローラ「UnlimitedHand」 

2月7日~8日にドイツのミュンヘンで開催された「WT2017」(Wearable Technologies Conference 2017)にて、触感型ゲームコントローラ「UnlimitedHand」がファイナリストに選出された。また、Arduino AtHeartやAmazon LaunchPadへの参加により、海外のユーザーへの販路拡大に成功したという。

UnlimitedHandは、東京大学発のベンチャー企業H2Lによって開発された触感型ゲームコントローラ。電気刺激によりゲーム内の触感をユーザーの手指にフィードバックできるのが特徴だ。2015年9月にKickstarterにて資金調達を開始し、最終的に7万4000ドル(約836万円)以上を調達していた。

WT2017へのUnlimitedHandの出展は、今回が同製品にとってヨーロッパで初めての展示となった。WT2017は、ウェアラブル技術の分野で国際的に注目されている最新技術や製品が公開される展示会だ。会場ではH2LのCEOである岩崎健一郎氏が登壇し、今後のVR分野や周辺機器による没入感の向上、今後の展望について講演した。

photo
photo

H2Lは今回、UnlimitedHandのWT2017 ファイナリストへの選出が決まったと報告。それと同時に、UnlimitedHandがArduino AtHeart製品の正式ライセンスを取得し、Amazon LaunchPadへの参加も決まり、複数の海外企業とパートナーシップ連携を果たしたと伝えている。さらに、Ardino AtHeartのライセンス取得に当たって、開発者向けのAPI(UHDeviceManager)も公開したという。

同社は今後の抱負について、海外のユーザーへの販路拡大を継続するだけでなく、世界中の開発者がUnlimitedHandを活用しやすい開発環境を整備していきたいと語っている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る