新しいものづくりがわかるメディア

RSS


用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」

先端部をいろいろな形状のチップに交換できるコードレスホットツール「Solderdoodle Plus」が、Kickstarterにて出資を募っている。

photo

Solderdoodle Plusは、3Dプリントの仕上げに特化した「3D Finishing Tool」の機能を向上させたツールだ。充電式のコードレスツールというコンセプトはそのままにOLEDディスプレイを搭載し、ヒーター出力の表示や調整が可能になった。

photo

交換可能な先端部として、Knife/Needle/Scooper/Conical/Chisel/Spadeの6種類が用意されている。ヒーター出力は、先端部の形状や加工する材料によって5〜15Wまでの範囲で調整できるので、用途に応じて最適な先端温度にすることができる。

photo

ディスプレイには、現在の出力設定やバッテリ残量などが表示される。また、ボタン/スイッチ部分も改良され、より少ない力で操作できるようマイクロスイッチへと変更。安全上の配慮から、手に持っている時以外は電源が自動的にオフとなる機構を採用している。充電は4時間程度で完了し、フル充電すれば2時間以上連続で使用できる。最高温度は370℃程度で、本体サイズは約40.6×205.7mm(1.6×8.1インチ)、重量は約145gだ。

photo
photo

価格はSolderdoodle Plus本体とConical アタッチメントのみのBasic Kitが110ドル(約1万2600円)、6つのアタッチメントと交換ツール、充電用USBコードがセットのPlus Kitが139ドル(約1万5900円)。国外出荷には送料として34ドル(約3880円)が必要となる。Kickstarterでは早期割引として、Plus Kitが110ドル(約1万2600円)で購入できるプランなどを提供している。

photo
photo

Solderdoodle PlusはKickstarterで4月14日までクラウドファンディング中。目標額は4万2600ドル(約486万円)で、プロジェクトが順調に消化された場合、出荷は2017年12月~2018年1月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  4. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  5. PCBマスクが手軽にできる——回路パターン転写用プリンター「Litho」
  6. USBにつなぐだけで、映画館の感動を完全再現——東北産ポータブルスピーカー「OVO」
  7. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  8. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  9. 日本の加工技術の高さが映えるクールなチタン製毛抜き「Tweezers of Legend」
  10. ロボットへの好奇心を刺激する——ロボットプログラミングが学べる3輪ロボットキット「Robby」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る