新しいものづくりがわかるメディア

RSS


繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

高精度5軸ロボットアーム「Dexter」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

Dexterは5軸を備えていて、三次元空間内で自由なポジショニングが可能。ロボットの精度を示す指標の一つである繰り返し精度は50µmと高精度だ。FPGAの並列処理による高速化が、この正確さを可能にした。

FPGAのコードはオープンソース。GPL3の下にソースコードと製造に必要なデータが公開されている。

ペンツール ペンツール

ピックアンドプレイスやグリッパーなど、Dexterのアームの先端に取り付けるツールは、今後用意される予定だ。また、現在開発中のエクストルーダを取り付ければ、3Dプリンティングも可能になる。

プログラミングには専用ソフト「Dexter Development Environment (DDE)」を使用。DDEはWindows、Mac、Linuxに対応している。

Dexterは2017年3月18日までクラウドファンディングを実施。2月17日時点で、目標額の10万ドル(約1100万円)に対して、約4万2000ドル(約476万円)を集めている。

Dexterの早期割引適用価格は、組立キットが1995ドル(約23万円)で、完成品は4200ドル(約47万円)だ。出荷は2017年7月の予定。日本への送料は組立キットが170ドル(約2万円)で、完成品が155ドル(約1万8000円)だ。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  2. 限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」
  3. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画
  4. ネオピクセルLEDがドライブできる——Arduino互換Wi-Fi対応IoT開発ボード「LEDUNIA」
  5. すごーい!あたまわるーい!知恵の芽を摘む「頭の悪いメカ発表会2」
  6. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  7. ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」
  8. レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」
  9. 社会に求められるファブ施設とは——ものづくりから始まるコミュニティの在り方
  10. 3D CADを活用したものづくりの核心に迫る——「Fusion 360 Masters」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る