新しいものづくりがわかるメディア

RSS


折り紙のように畳んで持ち運べるポータブルカヌー「MyCanoe」

折り紙のように畳んで持ち運べる2人乗りのポータブルカヌー「MyCanoe」がKickstarterに登場した。

MyCanoeは、全長約4.5m/重量約24kgのカナディアンカヌーだ。折り畳んで専用のカバーで包めば、肩にかけて持ち運ぶことが可能。折り畳み時の大きさが94×20×63.5cmとコンパクトなので、小さなセダンのトランクにも収容できる。

折り畳むのに必要な時間は約5分。組み立てるときも、10分程度かかるだけだ。カバーはカヌーの中にフロアボードとして敷けるので、沖に出る際は何も岸に残していく必要がない。

MyCanoeの船体は、小船舶用のポリプロピレンで作られている。浮力があるため、転覆しても沈まない。また、丈夫なので2万回の折り曲げに耐えられる。安全性については、TUVの認証を受けている。

MyCanoeは2017年3月17日までクラウドファンディングを実施。2月17日時点では、目標額の4万5000ドル(約510万円)に対して、約3万2000ドル(約360万円)を集めている。

早期割引適用価格はMyCanoe単体が840ドル(約9万5000円)で、オール受けとパドル付きのセットが965ドル(約11万円)。出荷は2017年5月の予定で、日本への送料は99ドル(約1万1000円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  2. 1個のセンサーでスマートハウスを実現——IoT向け統合センサーデバイス「Synthetic Sensors」
  3. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  6. 電源強化しRaspberry Pi 3に対応——電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi 2」
  7. 千葉大、世界初となる光でほどける「らせん状人工ナノ線維」の開発に成功
  8. kickstarter、日本発のプロジェクト立ち上げへの対応を発表
  9. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  10. レーザー加工機を完全室内運用できる——小型集塵脱臭機「MIRUKU」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る