新しいものづくりがわかるメディア

RSS


折り紙のように畳んで持ち運べるポータブルカヌー「MyCanoe」

折り紙のように畳んで持ち運べる2人乗りのポータブルカヌー「MyCanoe」がKickstarterに登場した。

MyCanoeは、全長約4.5m/重量約24kgのカナディアンカヌーだ。折り畳んで専用のカバーで包めば、肩にかけて持ち運ぶことが可能。折り畳み時の大きさが94×20×63.5cmとコンパクトなので、小さなセダンのトランクにも収容できる。

折り畳むのに必要な時間は約5分。組み立てるときも、10分程度かかるだけだ。カバーはカヌーの中にフロアボードとして敷けるので、沖に出る際は何も岸に残していく必要がない。

MyCanoeの船体は、小船舶用のポリプロピレンで作られている。浮力があるため、転覆しても沈まない。また、丈夫なので2万回の折り曲げに耐えられる。安全性については、TUVの認証を受けている。

MyCanoeは2017年3月17日までクラウドファンディングを実施。2月17日時点では、目標額の4万5000ドル(約510万円)に対して、約3万2000ドル(約360万円)を集めている。

早期割引適用価格はMyCanoe単体が840ドル(約9万5000円)で、オール受けとパドル付きのセットが965ドル(約11万円)。出荷は2017年5月の予定で、日本への送料は99ドル(約1万1000円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  2. 世界17カ国で出荷台数40万台を突破——海外市場で伸び続ける日本発IoTプロダクト「SoundMoovz」
  3. ラズパイを赤外線学習リモコンに——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi専用の学習リモコン基板発売へ
  4. オーム社、「いまからはじめるNC工作 Jw_cadとNCVCでかんたん切削」第2版発刊
  5. 重さ2.5kgでレーザー刻印もオプションで可能——ポータブル3Dプリンター「Migo」
  6. 機械学習に必要なPythonの基礎を解説——翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ! あたらしい機械学習の教科書」発刊
  7. ケーブル接続してスマートフォンで操作——ホビー向けワイヤレス制御モジュール「ELIO」
  8. PCケースをチューンアップできる——ArduinoベースのPCケースコントローラー「urPC」
  9. 単身赴任のムカイさんへ。ドイツで役立つグッズを1000円で作りました!
  10. MESH、Raspberry Piに対応したMESHハブアプリケーションを配布開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る