新しいものづくりがわかるメディア

RSS


折り紙のように畳んで持ち運べるポータブルカヌー「MyCanoe」

折り紙のように畳んで持ち運べる2人乗りのポータブルカヌー「MyCanoe」がKickstarterに登場した。

MyCanoeは、全長約4.5m/重量約24kgのカナディアンカヌーだ。折り畳んで専用のカバーで包めば、肩にかけて持ち運ぶことが可能。折り畳み時の大きさが94×20×63.5cmとコンパクトなので、小さなセダンのトランクにも収容できる。

折り畳むのに必要な時間は約5分。組み立てるときも、10分程度かかるだけだ。カバーはカヌーの中にフロアボードとして敷けるので、沖に出る際は何も岸に残していく必要がない。

MyCanoeの船体は、小船舶用のポリプロピレンで作られている。浮力があるため、転覆しても沈まない。また、丈夫なので2万回の折り曲げに耐えられる。安全性については、TUVの認証を受けている。

MyCanoeは2017年3月17日までクラウドファンディングを実施。2月17日時点では、目標額の4万5000ドル(約510万円)に対して、約3万2000ドル(約360万円)を集めている。

早期割引適用価格はMyCanoe単体が840ドル(約9万5000円)で、オール受けとパドル付きのセットが965ドル(約11万円)。出荷は2017年5月の予定で、日本への送料は99ドル(約1万1000円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  6. 通常のハイスペック3Dプリンタの4倍速で出力できるという光造形3Dプリンタ「B9 Core」
  7. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  8. 筋電義手からVRに進出したexiii——これまでに得たものと、これからのこと
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る