新しいものづくりがわかるメディア

RSS


川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ

NENGOは、築53年の旧ヨネヤマ本社ビル(川崎市川崎区)をフルリノベーションし、クリエイターやアーティスト、ベンチャーの創造拠点として再生。2017年6月、複合施設「unico(ウニコ)」としてグランドオープンする。3Dプリンタやカッティングマシンを備えたファブラボなどが入居する。

同施設は、建築リノベーションなどを手掛けるNENGOが総合プロデュースと耐震補強、リノベーション工事を行っている。地上5階建てで、「unicoA」「unicoB」および先行オープンしている「unico court」からなる延べ床面積2500平方メートル超の大型施設だ。

1、2階部分には、カフェやビールの醸造所のほか、ファブラボが入居。3Dプリンタやカッティングマシンなど多様な工作機械を備える。3、4階はシェアオフィスで、原状回復の義務を無くして、従来の賃貸物件では数少ない思い切った活動が可能となっている。5階はイベントスペースとなる。

unicoはイタリア語で唯一無二を意味している。同施設では「発酵」をコンセプトに、人と人、街と人の間に化学反応を誘発し、街に新たな活動と動線をつくる唯一無二の複合施設を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る