新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売

ビット・トレード・ワンは、受信した周波数のまま増幅・復調するトランジスタ・ラジオの製作キット「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」を2月18日に発売する。CQ出版が発行するCQ ham radioで2017年1月号から始まった連載記事 “作って合点!ラジオのしくみ” との連動企画だ。

同連載記事は、進化の歴史をたどりながらラジオを製作していく企画で、ゲルマニウム・ラジオ→ストレート・ラジオ→レフレックス・ラジオ→スーパーヘテロダイン・ラジオ→DSP ラジオと、時代を追って検波の仕組みを学ぶことができる。

今回の製品は、前回のゲルマニウム・ラジオに続くもので、2017年3月号記事と連動したストレート方式のラジオキットとなっている。ストレート・ラジオ専用ICを採用し、少ない部品点数で組立初心者でも安心して組み上げることができる。

キットにはケースも付属。記事と連動して、バーアンテナの指向性を利用し、送信所の方向を確認するなど、ラジオの基本を知ることができる。

受信周波数は535〜1605KHz、出力はダイナミック・イヤホン、電源は単三乾電池だ。ダイナミック・イヤホンと乾電池は、別売りとなる。製作には、はんだごて一式、ニッパー、ドリルが必要。型番はADCQHR1703だ。

価格はオープンで、店頭予想売価は2980円前後(税別)だ。販売取扱店は、シリコンハウス各店、千石電商各店、ツクモRobot王国など。他に、Amazon、共立エレショップ、ビット・トレード・ワン公式など、各オンラインショップで取り扱う。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  2. Intel、自社のIoT戦略を支えてきた開発ボード「Galileo」、「Edison」、「Joule」の生産中止を発表
  3. 造形サイズ1立方メートル超——大型FFF方式3Dプリンター「BigRep ONE」国内販売開始
  4. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  5. HP初の産業用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」シリーズ、国内8月発売
  6. 1000円以内で21世紀のてるてる坊主を作ってみよう!
  7. 新技術と伝統工芸でハイテクおみやげを作る——メ~テレのハッカソンイベント「メイキン クエスト」6月22日オンエア
  8. ソケットに差し込むだけでセキュリティシステムができる——Wi-Fi対応カメラ内蔵LEDライト「Tovnet」
  9. ノバルス、乾電池型IoT機器「MaBeee」用アプリ「MaBeee Racing」と「MaBeee Train」をリリース
  10. スリーエム ジャパン、「3M 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」に面積2.3倍の大判サイズと10枚入りタイプを追加

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る