新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売

ビット・トレード・ワンは、受信した周波数のまま増幅・復調するトランジスタ・ラジオの製作キット「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」を2月18日に発売する。CQ出版が発行するCQ ham radioで2017年1月号から始まった連載記事 “作って合点!ラジオのしくみ” との連動企画だ。

同連載記事は、進化の歴史をたどりながらラジオを製作していく企画で、ゲルマニウム・ラジオ→ストレート・ラジオ→レフレックス・ラジオ→スーパーヘテロダイン・ラジオ→DSP ラジオと、時代を追って検波の仕組みを学ぶことができる。

今回の製品は、前回のゲルマニウム・ラジオに続くもので、2017年3月号記事と連動したストレート方式のラジオキットとなっている。ストレート・ラジオ専用ICを採用し、少ない部品点数で組立初心者でも安心して組み上げることができる。

キットにはケースも付属。記事と連動して、バーアンテナの指向性を利用し、送信所の方向を確認するなど、ラジオの基本を知ることができる。

受信周波数は535〜1605KHz、出力はダイナミック・イヤホン、電源は単三乾電池だ。ダイナミック・イヤホンと乾電池は、別売りとなる。製作には、はんだごて一式、ニッパー、ドリルが必要。型番はADCQHR1703だ。

価格はオープンで、店頭予想売価は2980円前後(税別)だ。販売取扱店は、シリコンハウス各店、千石電商各店、ツクモRobot王国など。他に、Amazon、共立エレショップ、ビット・トレード・ワン公式など、各オンラインショップで取り扱う。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  4. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  5. PCBマスクが手軽にできる——回路パターン転写用プリンター「Litho」
  6. USBにつなぐだけで、映画館の感動を完全再現——東北産ポータブルスピーカー「OVO」
  7. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  8. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  9. 日本の加工技術の高さが映えるクールなチタン製毛抜き「Tweezers of Legend」
  10. ロボットへの好奇心を刺激する——ロボットプログラミングが学べる3輪ロボットキット「Robby」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る