新しいものづくりがわかるメディア

RSS


XYZプリンティングジャパン、グラデーションが可能な3Dプリンタ「ダヴィンチ Jr. 2.0 Mix」の正式発売を発表

XYZプリンティングジャパンは、グラデーションが可能な3Dプリンタ「ダヴィンチ Jr. 2.0 Mix」を3月1日に正式発売すると発表した。2月27日まではMAKUAKEの先行予約販売で割引購入できる。

同製品は、1つのノズルから2色のフィラメントを出力するデュアルフィードシステムを搭載しており、3種の出力モードでさまざまな色を組み合わせた出力が可能だ。

「単色モード」は、多色モードやグラデーションモードの設定により単色で出力する。「多色モード」は、1つのデータについて1つの色を設定し(最多で9データ9色)、そのデータの組み合わせで多色(2色のフィラメントの比率で混合できる色の範囲内に限る)出力する。

さらに「グラデーションモード」では、2色のフィラメントをソフトウェアで好みの比率に配合し、造形物の高さを複数の色のエリアに分けたり、グラデーションを設定して造形できる。

本体サイズは420×430×380mm、重量は12kg。プリント方式は熱溶融積層(FFF)方式で、積層ピッチは200〜400μm、最大造形サイズは150×150×150mmだ。フィラメントには専用の1.75mm径PLAフィラメントを使用する。

同社Webサイトや家電量販店、販売代理店、またはAmazon、楽天、ヤフーのECサイトにて8万9800円(税別)で販売する。MAKUAKEでの先行予約販売では、各種割引コースが用意されており3月より順次出荷する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る