新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piシリーズ最小最安——「Raspberry Pi Zero」国内販売開始

65×30mmという小型サイズに上位モデルのエッセンスを詰め込んだ「Raspberry Pi Zero」の国内販売が発表された。

Raspberry Pi Zeroは、Raspberry Piシリーズの末弟として、2015年11月にわずか5ドルという低価格で発売され、大きな話題となったモデルだ。英国と米国では発売後1年で30万~40万台が売れているという。低価格ながら上位機種同様、モニタとキーボード、マウス、OSを書き込んだmicroSDカードを用意するだけで、Linuxパソコンとして利用できる。

サイズは65×30mmと小型だが、現行の上位モデル同様40ピンのGPIOピンヘッダが取り付けられるようになっており、各種拡張基板など周辺機器も共有できる。CPUは初代Raspberry Pi同様シングルコアのARM11を搭載するが、クロックは初代の700MHzから1GHzへと高速化されている。もちろん、「Scratch(スクラッチ)」、「Sonic Pi (ソニック・パイ)」、「Minecraft Pi (マインクラフト・パイ)」といった、おなじみのソフトウェアも問題なく使うことができる。

ケイエスワイのWebサイトでは、2月24日の夕方以降の発売となる。

スイッチサイエンスのWebサイトでは、2月24日午後から予約販売を開始する。

ただし、いずれも1人1点の数量限定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る