新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi Zero WをWebカメラに——専用カメラ&ケース付USB増設基板「HubPi Cam」

Raspberry Pi Zero WにUSBカメラ+USB2.0タイプA×2を増設できる「HubPi Cam」がKickstarterにて出資を募っている。

photo

HubPi Camは、Raspberry Pi Zero WにUSBカメラとUSB2.0タイプA×2を追加できるUSB増設基板だ。

PiZeroとほぼ同サイズの基板は、Pi Zeroの40ピンGPIOを避けるようにデザインされており、GPIOを利用する周辺機器との共存が考慮されている。基本的にはUSB×4を増設する回路構成で、そのひとつを専用カメラ用コネクタに使っている。Pi Zeroと重ねてネジ止めすることで、HubPi Cam裏面に取り付けられたスプリングピンコネクタ(ポゴピン)×4を使ってPi Zeroの基板から直接USB信号線と電源/グラウンドを取り出しているようだ。もちろん、Raspberry Pi Zeroにもそのまま接続できる。

開発元によると、元々は無線通信を内蔵しないRaspberry Pi Zero用にWi-Fi/BTを追加するUSB増設基板としてデザインしていたようだが、Raspberry Pi Zero Wの発売に伴い、無線チップを外したとのこと。USBコネクタ横には空きスペースとUSB用の4ピンスルーホールがレイアウトされており、ここへの増設も検討できる。

photo
photo

専用ケースは3Dプリントで作成され、前面にカメラ、背面は増設USBやPi Zeroの各種インターフェース用の開口部が設けられている。

価格はHubPi Camと専用USBカメラ、ケースがセットで45ドル(約5130円)。日本への出荷には送料16ドル(約1820円)が必要だ。

HubPi CamはKickstarterで4月21日までクラウドファンディング中。目標額の8000ドル(約91万2000円)に対し、3月8日時点で2000ドル(約22万8000円)を集めている。プロジェクトが順調に消化された場合、出荷は2017年5月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  6. DMM.make AKIBAに産業用3Dプリンター体験型ショールームがオープン
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  9. STM32マイコンのプログラミングを簡略化——ST、ファームウェアIPを保護するマルチOS対応ソフトウェアを発表
  10. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る