新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi Zero WをWebカメラに——専用カメラ&ケース付USB増設基板「HubPi Cam」

Raspberry Pi Zero WにUSBカメラ+USB2.0タイプA×2を増設できる「HubPi Cam」がKickstarterにて出資を募っている。

photo

HubPi Camは、Raspberry Pi Zero WにUSBカメラとUSB2.0タイプA×2を追加できるUSB増設基板だ。

PiZeroとほぼ同サイズの基板は、Pi Zeroの40ピンGPIOを避けるようにデザインされており、GPIOを利用する周辺機器との共存が考慮されている。基本的にはUSB×4を増設する回路構成で、そのひとつを専用カメラ用コネクタに使っている。Pi Zeroと重ねてネジ止めすることで、HubPi Cam裏面に取り付けられたスプリングピンコネクタ(ポゴピン)×4を使ってPi Zeroの基板から直接USB信号線と電源/グラウンドを取り出しているようだ。もちろん、Raspberry Pi Zeroにもそのまま接続できる。

開発元によると、元々は無線通信を内蔵しないRaspberry Pi Zero用にWi-Fi/BTを追加するUSB増設基板としてデザインしていたようだが、Raspberry Pi Zero Wの発売に伴い、無線チップを外したとのこと。USBコネクタ横には空きスペースとUSB用の4ピンスルーホールがレイアウトされており、ここへの増設も検討できる。

photo
photo

専用ケースは3Dプリントで作成され、前面にカメラ、背面は増設USBやPi Zeroの各種インターフェース用の開口部が設けられている。

価格はHubPi Camと専用USBカメラ、ケースがセットで45ドル(約5130円)。日本への出荷には送料16ドル(約1820円)が必要だ。

HubPi CamはKickstarterで4月21日までクラウドファンディング中。目標額の8000ドル(約91万2000円)に対し、3月8日時点で2000ドル(約22万8000円)を集めている。プロジェクトが順調に消化された場合、出荷は2017年5月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. Raspberry PiでIoTの実証実験ができる——WDS、セルラー系LPWAを利用する「IoT-Pi for LTE-M」発売
  4. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  5. あらゆる素材をアップグレードする技術——Nature Architectsが拡張する、3Dプリントの可能性
  6. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  7. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  8. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  9. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  10. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る