新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi Zero WをWebカメラに——専用カメラ&ケース付USB増設基板「HubPi Cam」

Raspberry Pi Zero WにUSBカメラ+USB2.0タイプA×2を増設できる「HubPi Cam」がKickstarterにて出資を募っている。

photo

HubPi Camは、Raspberry Pi Zero WにUSBカメラとUSB2.0タイプA×2を追加できるUSB増設基板だ。

PiZeroとほぼ同サイズの基板は、Pi Zeroの40ピンGPIOを避けるようにデザインされており、GPIOを利用する周辺機器との共存が考慮されている。基本的にはUSB×4を増設する回路構成で、そのひとつを専用カメラ用コネクタに使っている。Pi Zeroと重ねてネジ止めすることで、HubPi Cam裏面に取り付けられたスプリングピンコネクタ(ポゴピン)×4を使ってPi Zeroの基板から直接USB信号線と電源/グラウンドを取り出しているようだ。もちろん、Raspberry Pi Zeroにもそのまま接続できる。

開発元によると、元々は無線通信を内蔵しないRaspberry Pi Zero用にWi-Fi/BTを追加するUSB増設基板としてデザインしていたようだが、Raspberry Pi Zero Wの発売に伴い、無線チップを外したとのこと。USBコネクタ横には空きスペースとUSB用の4ピンスルーホールがレイアウトされており、ここへの増設も検討できる。

photo
photo

専用ケースは3Dプリントで作成され、前面にカメラ、背面は増設USBやPi Zeroの各種インターフェース用の開口部が設けられている。

価格はHubPi Camと専用USBカメラ、ケースがセットで45ドル(約5130円)。日本への出荷には送料16ドル(約1820円)が必要だ。

HubPi CamはKickstarterで4月21日までクラウドファンディング中。目標額の8000ドル(約91万2000円)に対し、3月8日時点で2000ドル(約22万8000円)を集めている。プロジェクトが順調に消化された場合、出荷は2017年5月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る