新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電子回路をタトゥシールで実装——早稲田大学、皮膚に貼り付けられる超薄型デバイスシートを開発

早稲田大学の研究チームは、SBS熱可塑性エラストマフィルムを使った超薄型デバイスの製造方法を開発した。厚みは僅か750nmと極薄で、弾性と柔軟性は従来のポリマナノシートの50倍だという。

同チームの開発した方法では、電子回路を家庭用インクジェットプリンタで印刷し、チップやLEDなどの電子部品を2枚のエラストマフィルムの間にはさみ込んで固定する。接着や導電性接着剤を使わず、ハンダ付けも不要とすることで、極めて薄く、装着感に優れ、皮膚に貼付するのに十分な柔軟性を持つデバイスの製造を可能にした。

この技術を使って、人が装着するセンサデバイスとのインターフェースを電子タトゥのような形で実現することで、医療、ヘルスケア、スポーツなどの分野における機器の大幅な改善が期待される。

この研究は、「Journal of Materials Chemistry C」オンライン版に、2017年2月1日付けで掲載された。早稲田大学では今後、超高齢社会の到来を見据えた先端理工学とスポーツ科学の融合をテーマとする同学のアクティヴエイジング研究所にて、継続して研究するとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3D CADを活用したものづくりの核心に迫る——「Fusion 360 Masters」発刊
  2. 回路の製作や実験に役立つ——「基本電子部品大事典」発刊
  3. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  4. グラデ出力がきれい! 色表現豊かな3Dプリンター「ダヴィンチJr. 2.0 Mix」
  5. レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」
  6. 社会に求められるファブ施設とは——ものづくりから始まるコミュニティの在り方
  7. テクノロジー好き必見!AI・IoTなど注目の先端技術を無料でリッチに学べる体験型展示——TEPIA 先端技術館
  8. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る